永峰咲希選手について

永峰咲希選手、

2020年日本女子プロゴルフ選手権優勝おめでとうございます。永峰選手も、
やはり少し横に振る選手です。

体が硬くなってき、
筋肉の遊びがなくなればインパクトゾーンがなくなってくるかもしれません。

その点は改良すべきところですが、

永峰選手の良いところは、
フェースの動きです。

バックスイングのフェースの向き、ダウンスイングのフェイスの向き、フォローするのフェースの向きが非常にいい。

フェースの動きだけは、私たちが目指す後藤理論にすごく似ているところがあります。

これがもう少し縦に振れれば良いのですが。

ただ変に左サイドを外さず、左肘を外さず、左肩を外さず、
左に振っているんですがフェースが変えているんですが左に飛ばない。
筋肉は遊びが筋肉の遊びをさせることでしょうか。

ただフェースの動きがすごく今回は良かったので、
優勝につながったように見えます。

今後の活躍を期待したいものです。

2020年日本女子プロゴルフ選手権を見て

今回日本女子プロゴルフ選手権が行われたコースは、
日本では珍しくリンクスのコース、
あまり木がないコースでしたね。

風も吹き、大変難しい状況だったと思います。

その中でスコアを伸ばし優勝された選手はやはりすごいですね。

ただ今回、感じた事は、
横に振る選手が強かったように思います。

それと体の柔らかさによるものですが、
フォロースルーにかけての軸がすごくできていました。
スイングプレーンはあまりよくないとは思ったのですが、
体の軸と言う点ではすごく上位に来た選手は良いように感じます。

リンクスコースでは、
木がないコースでは、
3次元のハザードがないので、
やはり横に振る選手でもかなりプレッシャーなく触れるように見えました。

これは丸山選手が全英オープンに
強かったのと共通してるように感じました。
本当に正しく触れれば、
縦に振っても風に強いボールを受けるのですが、
やはりかなり難しくなってきます。

でもそういうスイングを作らないと、
あらゆるコースに強い選手にはなれません。

必然的にメジャー大会に勝ったり、
賞金王になる確率が減ってきます。

やはり大型完全スクエア打法を身に付けることが、
大型完全スクエア打法に近いスイングをすることが賞金女王、メジャータイトルに勝つ必要条件となってくるのではないでしょうか?

今後の皆さんの活躍を祈っております。

渋野日向子選手と小祝さくら選手のパター

渋野日向子選手のパターのパンチが入ると言うことについての続きですが、

オフのシーズンに、
体感のトレーニングをだいぶされたようですね。

その結果ドライバーの飛距離が10ヤード伸びたと言う話でしたが
そのトレーニングがパターの感覚を壊してしまったのでしょうか?

基本的に後藤塾では、
ウェイトトレーニングは禁止です。

トレーニングはたくさんします。

重たいものを振ったり、
重たいものを持ったりする時もありますが、
基本的にウェイトトレーニングは禁止です。

筋肉を太くするためではなく、
トレーニングが良いスイングをするためのトレーニングになっています。

そこはイチロー氏その考え方にすごく似ています。

渋野選手も、
多くの選手はそうですが、
体で振る、
体感で振る、
腹筋で振る、
など手を使わないことを考えられているように思えます。
渋野選手も、
体幹のトレーニングをたくさんされ、
体幹の感覚が狂ってしまったのでしょうか?

理屈ではそうなりますね。
体幹を鍛えて体幹で振るパターをしていたのだであれば、
感覚が狂い、
パターの距離感が合わなくなるのではないでしょうか?

小祝選手のパタに関しては、
あまり見ていませんが、
見た範囲で言うと、
ショートパットで感じたことですが、
バックスイングでは明らかに意図的に作った部分があると思います
ショートパットを見る限りバックスイングがすごく良いように見えます。
後は完全に腕を固めて体幹で振る、
体で振ることを心がけているように見えます。

アドレスもそうですが、
アドレスでも筋肉の遊び取りのアドレスになっているので、
またスイング自体も、
筋肉の遊び取りのスイングになっているので、
年数を重ね、
試合を重ねて、
アドレナリンが出て、
筋肉が硬くなってくると、
やはり入らなくなってきそうなパターの打ち方に見えます。

今後どうなっていくのでしょうか?

2人とも才能豊かな選手ですので、
今後、活躍してほしいものです。