2020年三菱電機レディース

2020年三菱電機レディースは西村優菜選手の優勝でしたね。
おめでとうございます。
ショットの安定感はすごかったですね。
しかし、かなりついてたところもあると思います。

15番~18番のピンの位置がすべて奥、手前から20メーター以上奥のピン位置でした。

西村選手の打ち方だとどうしてもボールが止まりにくいところがあるような気がします。

もしもこれが逆にピン手前であれば、
西村選手にはちょっと苦しい展開になっていたかな、勝選手の方が有利だったかなと思います。

勝選手が飛距離が出て、セカンド・サードショットを短いアイアンで打てたりで、
ボールを止めることができる状況にあったのに対し、ピンが奥にあると言う事は西村選手に有利に働いたように見えます。

これがもしピンの位置が1ホール、2ホールでも手前にあるだけでも状況は変わったのではないでしょうか?
6打差を逆転されての優勝はさすがにショットの調子が良く、パターも良かったのですごいことだと思いますが、
ピンの位置が西村選手の優勝を後押ししたように思います。

実際バーディーを取ったところは、
グリーンに落ちてから転がってピンに寄っている場面が多かったように思います。

女子の状況は分かりませんが、男子はアメリカに行けば、200ヤード以上あってもボールを止める必要がある状況が多々あるそうです。

ボールを止めれる技術がないとアメリカでは通用しないのかも。

西村さんがもっと上達されてゴルフが上手くなり、アメリカで優勝されることを望みます。

クロスハンドグリップ

2020年三菱電機レディースの優勝者もクロスハンドグリップでしたね。

それも20歳の選手がクロスハンドグリップ。
少し寂しい気もしますが、ただヘッドの動きはよかったです。

後藤先生の言葉で言うと『刃(は)が出ている』という動き。
これができていました。

ただクロスハンドグリップで刃が出る動きができるのは若いうちだけです。

体が硬くなってくるとクロスハンドグリップではその動きができなくなります。

それでもクロスハンドグリップのメリットを1つだけ挙げるとすれば体を縦に使えること。

クロスハンドグリップで体を横に使うと全くパターが入らなくなります。

クロスハンドグリップにしていると自然に体を縦に使えます。
それは右手の長さがいらないから。

左手よりも右手の方が体に近い方にグリップするので右手の長さがいらないから体を縦に使えるんです。

もし順手でグリップして体を縦に使おうとすると右手の長さがいる。

ショット時の体の使い方を間違えてるから、パターのクロスハンドグリップが増えてくるんだと思います。

ショットを体の”回し”で打たない、円運動と線運動の合成。
そんな動きができないと、パターが上手くならない。

逆に正しいパターの基本を覚えていると、
自然とアプローチは良くなります。

アプローチが良くなるとショットが良くなります。

パターを正しい動きで覚えることが、
ショットを世界レベルに押し上げることになるんですが。

今はパターの基本が皆、わからなくなっているので、
クロスハンドやいろんな打ち方が増えているのだと思います。

順手でちゃんと入るパッティングの打ち方を覚えると世界レベルのショット、世界レベルの選手になってくると思います。

そういう選手が早く日本に出てきて欲しいかなと思います。