ダルビッシュ有投手

ダルビッシュ投手に関しては、後藤先生曰く左手の使い方は微妙、「怪しい」と言う言葉を使っておられた時があります。

どういうことかと言うと、他の投手と違い左手をゴルフ用語で言うドローにあげる、クロスしてあげるタイプです。
クロスしてあげて投げようとすると、どうしても体を開くことになります。
ダルビッシュ投手の場合、左腕をクロスに上げてその場で縦に振ることが多いのですが、調子が悪いと横に振る形になる時があります。


ゴルフでもそうですがボールが左に飛ぶ人は、だんだんアドレスで右向き気味になる人が非常に多いです。

ダルビッシュ投手は基本的に左腕が低いタイプですが、たまに高く上がったりする時もある。左腕が上がらない人は、相対的に左肩、左肘に負担がかかり怪我をすることが多いですね。

新田恭一先生や後藤先生は、手術することなしに、肩の痛みや肘の痛みを投げ方で治せたそうです。

最近は痛くなると手術する方が多いですが、やはりフォームの問題だと思います。

関連記事

  1. 渋野日向子選手 2021.5.12

  2. 黒田博樹投手

  3. ホールインワン

  4. 2020年マスターズのパターのグリップ

  5. ミケルソン選手、全米プロ5番ホールのバンカーショット

  6. 2021年全米プロゴルフ選手権優勝フィル・ミケルソン選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。