ダイキンオーキッドレディース最終日14番の西郷真央選手のパッティング

西郷真央選手のパッティングは、クロスハンドですがかなり縦に振れているパッティングですね。

しかしクロスハンドなのでやはりフィニッシュが高い。
インパクトゾーンで水平を造る部品がない。
これだと若いうちは入りますが、歳を重ねて筋肉が硬くなると入らないバッティングになりそうな。

ダイキンオーキッドレディース14番のパッティングなどは筋肉に遊びがある為か刃が出ていました。
まだ10代だから許されるパッティング。
でも縦に使えている部分はかなり良い。

関連記事

  1. 後藤修氏の理論「切り返しについて」

  2. 4番バッターとエースピッチャー

  3. 2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

  4. タイガーウッズ選手、5回目の手術

  5. 宮里優作選手について

  6. 五十嵐亮太投手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。