2020年東京オリンピック 野球金メダル日本投手

2020東京オリンピック、野球、金メダルを日本が取りましたね。
おめでとうございます。
かなりプレッシャーのかかった試合、その中で悲願の金メダルを取った事は凄いことだと思います。

先発が森下暢仁投手、他の投手も投げましたが、若手、新人の伊藤大海投手、栗林良吏投手が投げました。
すばらしい活躍でしたね。

ただ3人とも、体が開く投げ方をしていました。
森下投手は、左腕は割と良かったですが、左足の使い方が開く。

伊藤投手は左腕はだいぶ上には上がりますが、横に使い、足も開いてしまいます。

栗林投手も左腕、左足とも開いていました。

でもどの投手もいいボールは投げていたし、コントロールも良かった。
これは若いうちだけ、筋肉の遊びがあるうちだけかもしれませんね。

今後長く選手を続けていく、長く活躍するためには、やはり投げ方を良くしていかなければならないと思います。

今後の活躍に期待したいものです。

関連記事

  1. タイガーウッズ選手、5回目の手術

  2. 2020年エリエールレディースオープン 優勝古江彩佳選手

  3. ホールインワン

  4. インパクトの基本

  5. ミケルソン選手、全米プロ5番ホールのバンカーショット

  6. 渋野日向子選手の素振り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA