2021日本女子オープン 優勝 勝みなみ選手 烏山城カントリークラブ

2021年の日本女子オープンは勝みなみ選手の優勝でしたね。
おめでとうございます。

アマチュア優勝された時は癖の少ない良いスイングだと思いましたが、今はやはり癖が出ていますね。
個性というか癖ですね。

今回見たスイングはワンスイングだけですが、かなりのノーコックになっていました。
そしてかなり回そうとする。

少し前のスイングは、ショートアイアンはしっかり縦に振っていました。
でもドライバーとかはかなり横に振るスイングで、スイングプレーンがドライバーとショートアイアンでは全く違いました。


烏山城は井上誠一氏設計のコース。
井上誠一氏は後藤先生が好きだったゴルフ設計家です。

スクエア打法が覚えれるゴルフ設計になっているゴルフ場が多いです。


稲見選手のスコアが良くなかったですね。
稲見選手は烏山城が苦手だとか。

私は行ったことも見たこともありませんが、聞いた話によるとやはりドローボールを打たせるコースが多いとか。

稲見選手もドローボールは打ってますが、基本フェードの選手なので、烏山城は厳しいのかも。
マスターズの行われるオーガスタナショナルも、稲見選手の打ち方ではなかなか攻略できないかもしれませんね。丸山選手がオーガスタナショナルを苦手にしてたように。


やはりスクエア打法、後藤理論、基本に忠実なスイングできないと、苦手なコース得意なコースというのができてしまいますね。
本人が言う圧倒的な強さで勝ち続けるには、基本に忠実な大型完全スクエア打法ができないと難しいと思います。

関連記事

  1. 2021ZOZOチャンピオンシップ優勝松山英樹選手

  2. 2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

  3. 円運動と線運動

  4. パターの打ち方

  5. 松山英樹選手⑩2021ソニー・オープン・イン・ハワイ

  6. 後藤理論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA