渋野日向子

渋野選手が青木コーチとコーチ契約を結んだようですね。

今までフラットだったスイングを縦軌道を意識するとか。

多くの皆さんも言っておられましたが、
私も言ってきたことです。

ただ何を縦にするのか、
どう縦にするのかが問題になってきますね。

青木コーチの腕の見せ所だと思います。

ただやはりどんな選手でも、
スイングを改造すると言う事は簡単なことではありません。

たとえうまくいかなかったとしても、しょうがないと言う気はしますが、
でも少なくとも、
誤った方向にだけは進んでほしくない。

中嶋常幸選手を後藤先生が教えている時も、
スイング改悪論が多々、浮上しました。

最初はなかなか結果が出なかった、
中嶋選手も苦労されておられました。
でも結果が出だすと、
ぱたっと改悪論も止んでしまいました。今までいろいろ自分でも検証しましたが、
後藤先生の言ってることでまず間違っている事はないと思います。

ただそれを会得すること、スイングに実現することが難しい。
でも、後藤先生は、
ジャンボ尾崎選手にしても、
中嶋選手にしても、
結果を出している。

長期計画を得意として、
3年、5年計画と言うものでスイングを作っていく。

そしてすごい結果を残している。
石川選手がスイング改造と言い出して何年経つだろう、
3年、4年、5年。
しかしやはり結果は出てこない。
あれだけの才能がある選手。
さっきも言いましたが、スイング改造は難しいもの。
誤った方向に進んでいてはやっぱり結果は出ないかな。
後藤理論を理解してくれるとありがたいですが。

青木コーチにも
誤ったことだけは教えて欲しくないと言う気がします。

関連記事

  1. イチロー氏のピッチング

  2. 比嘉一貴選手

  3. 倉本昌弘選手

  4. 井上尚弥選手

  5. 円運動と線運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA