阪神タイガース 村上頌樹投手

阪神タイガースの村上頌樹投手がすごいピッチングをしましたね。

この投手、
もしかしたら大化けするかも。

最速150キロいかないのに、
空振りを取れる。

日本にいた頃の大谷投手が、
160キロ以上の速球を投げていても、バットに当てられていたのを思うとすごいことかも。

今や大谷投手は、
160キロ以上のボールを投げれる変化球投手。
村上投手のストレートの質の方が、
はるかに大谷投手よりは上だと思います。

この前も、
上原投手のことで、
140キロ台の速球で、プロのバッターから空振りを取る話をしたところですが、
また内容が違う形で村上投手は凄いかも。

久しぶりに左腕の使い方のすごい投手って感じ。

肘を高くと言うよりもグラブを高く上げますが、
そのグラブが裏返せる。

最近、この左腕の使い方をするピッチャーあまり見たことがないですね。


このまま順調に育ってくれると良いのですが。

阪神タイガースにはWBCに出場した、
湯浅投手がおられます。

湯浅投手も、
投げ方にばらつきはありますが、
元広島、カープ、
ヤンキースにいた黒田投手と同じで、
左肘右肘が高く上げれることが多々ある。

阪神タイガースに、
名コーチがいるのでしょうか。

それとも偶然。

ただこの投げ方ができる投手を育てれるコーチがいるのであれば、
藤浪晋太郎投手の投げ方もかえれたはず。

私はこのブログでも書きましたが、
藤浪投手の投げ方が変わらなければ、大リーグでも通用しないと。

実際やはり、
今のところうまくいっていない。
今のところ予言は当たっている。

あの左腕の使い方では、
どれだけ速いボールが投げても、
大リーグでは通用しないような。



関連記事

  1. 佐々木朗希投手

  2. ジョーダン・スピース選手

  3. 阪神タイガース 才木浩人投手

  4. 3番アイアンのアプローチ

  5. 村上頌樹投手

  6. 明けましておめでとうございます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA