右肘靭帯 大谷翔平選手


大谷選手の右肘靭帯損傷が話題になっていますね。
脇腹も痛められたりしています。

ダルビッシュ有投手の肘を痛められたとか。

色々と理由が取り沙汰されていますが、
やはり、
投げ方の問題、
トレーニングの仕方の問題でしょうね。

大谷投手に関しては、
このブログでも、
少し頭が突っ込むことを書いていると思います。

後藤先生が、
肘の痛みを治す時、
どこの痛みでもそうですが、
投げ方、
打ち方、
基本の動き方を問題視し、
直します。
手術はさせません。

動き方の基本は、
下半身から動いていく、
体の中心から体の遠部へと動いていくと言うことです。ピッチャーの肘の痛みを、
肩の痛みを治すのに、
後藤先生は足から動くことを徹底的に直させます。

足から動き出して、だんだん下半身から上半身に動きが移っていき、
体のリードがかかって、
最後に指先のボールに力が伝わり、
リリースする。

この順番が狂ってくると、
怪我が起こるのです。
その部分を直すと、
痛みは消える。
手術なんかしなくてもいいのに。

怪我もなく、
息の長い選手になれます。

関連記事

  1. 渋野日向子選手について④

  2. 松山英樹選手② 2020年全米プロを終えて

  3. クロスハンド

  4. 阿部監督のショートゴロ

  5. 渋野日向子選手について③

  6. 上沢直之投手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA