2024日本女子ツアー

今年もまずは日本女子ツアーは始まりましたね。
鈴木愛選手が2勝とまずは好調な滑り出し。ここまで戻ってくるのには、本人もだいぶ苦労しただろうし、教えているコーチも大変な苦労はあったと思う。
今年は女子ツアーは、混戦になるのかな。

今のところ頭抜けた選手というのが見当たらない。

鈴木愛選手に関しては、
2022年の11月30日の日にこのブログで書いていますが、
以前の変則スイングから少し変則要素が抜けて、良くなった事は書いています。

今後、もっと良くなって賞金女王に復活してほしいということも。

これも以前にこのブログで、
時々インパクトの形は、
山下選手よりも良い時があると言うことを書いていると思います。

あの頃よりも、もう少し良くなっているような感じですが、
このオフにウェイトトレーニングをしたとか。

鈴木選手って多分、
体がすごく柔らかいのでしょうか?

勝てない時期にはかなりストレスだったのか、
引退も考えた?
かなり悩んでいたようですね。

それが普通だと思います。
あれだけいい時期があり、
成績が出ないとどんな選手でも苦しいと思う。

そのせいでしょうか、ストレス?
少し脂肪がついた。

女性には失礼かな、
お酒を飲むのか、
甘いものを食べるのかは分かりませんが、
体が柔らかい選手が、
脂肪がつくと、
ちょうど良い場合もある。

パッティングを見ていてもそうです。

以前のブログにも書いていますが、
パターのアドレスという感じではない。

完全に遊び取りのアドレス。

あれで入ると言う事は体がまだまだ柔らかいのかな。

パターの打ち方にもばらつきがあった。
プレーオフでのパーパットの切り返しはすごく良かった。

でもそんな切り返しばかりしているわけではない。
ばらつきがあるなという感じです。

バンカーショットやアプローチは全くもって良くない。
バーガーショット、アプローチと
ショットの内容が全く違いすぎるから。
それは
渋野選手にも言えること。

例えば、青木功選手なんかはそんな事はなかった。

このオフにウェイトトレーニングを入れ、多分、
筋肉がついたと言うこともありますが、
体の遊びが取れたかな。

腕が硬くなった印象。
フィニッシュで、
クラブが背中に当たらない。
それはドライバーでも。

軽く振ったドライバーなどは良いフィニッシュをとっている場合もありましたが。

それと股関節に左右差があるのかな。
歩くときに骨盤が揺れる。
その辺も改善されてくるといいんですが。

鈴木選手の好調がどこまで続くのでしょうか?ショットももっともっと良くなって、アプローチもパターもバンカーも良くなって、もっと活躍してほしいものです。

関連記事

  1. 三菱電機レディース 山下美夢有選手

  2. 鈴木愛選手のパッティング

  3. アースモンダミンカップ 9番ホール

  4. 日本女子オープン 古江彩佳選手

  5. 吉田優利選手

  6. 山下美夢有選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA