渋野日向子選手

渋野選手の調子が出ません。


予選を通過した時も、次が楽しみなんて言う発言もありましたが、以前も、トップを低くしてトーナメントに優勝したときにこのまま成長していけば、もっとすごい選手になれるみたいな発言もあった時期もありますが、
最近の渋野選手のスイングを見ていないので分かりませんが、良い方向には向かっていないのでしょうね。


青木コーチについている頃でしょうか、縦に上げていて、手を痛めて、縦に上げるのが怖くなった、縦にあげれなくなったと言う発言がありましたが、縦振りで、後藤理論の言う縦振りで体を痛める事はありません。


何か勘違いされているんだと思います。
大体、後藤理論で言うと、渋野選手は縦振りはできている。本人気づいているのでしょうか。松山プロもそうですが、縦振りの本当の意味が多分わかっていない。


以前の渋野選手のインターネットの記事で、このままでは終わってしまうと言う発言を本人もされていましたが、その後またコーチを変えたみたいですね。
今は上田桃子選手を教えているコーチだとか。
そんなにすぐに結果が出るものではないのに。

後藤先生は、スイングの改造、3年計画、5年計画、8年計画とやっていた。
半年は1年でスイングが変わるものではない。
物事を長期的に見ていかないと。


でも、その方法が間違っていてはだめですが。その良い例が石川選手かな。
3年先、5年先を見据えてスイング改造と言いつつ、今もその年数は経っているのに、結果が出てこない。やっている方向が間違っているからかな。


確かにスイング改造は難しいです。
少し良い成績を上げるだけでも教える方としては難しい。
その点、鈴木愛選手は、賞金上を取った全盛期ほどでは無いにしても、今年は少し調子を上げている。教えるほうのコーチは大変だったと思いますよ。もちろん選手も。鈴木愛選手に関しては、このブログでも何度か書いてあるので、見てみてください。


以前にも書きましたが、渋野選手は私大好きです。
どんなに苦しい時でも、笑顔絶やさない。
喋りたくない時も喋ってるような気がします。


インターネット上では、渋野選手に対し、批判というか、スイング改造に対することや、色々と出てるみたいですが、あれは言い過ぎかな。

アメリカから帰ってこいとか、本人にしてみればほっといてくれよって言うような発言もいっぱいありますね。菅沼選手や、三浦選手でしたっけ、インターネットでの誹謗中傷のことを言ってましたが、ほんと誹謗中傷するなら、実名で言ってほしいですよね。ニックネームでインターネットに書き込む事は、影で悪口を言ってるのも一緒。
その発言に責任を持って欲しいかな。


私もここでスイング改造のことを言っていますが、少しでも渋野選手に良い成績を出してもらいたいから。それに実名で言わせてもらってます。そしてもっと良いプレイを見してもらいたいから。


その才能はあると思います。
以前からこのブログに書いているように、持って生まれた才能としては、

笹生選手、

渋野選手、

畑岡選手、

古江選手の順番なのかなと思っています。
もちろん、本人たちの努力があっての今の成績ですが。

関連記事

  1. 竹田麗央選手

  2. 西郷真央選手

  3. 吉田優利選手

  4. NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 優勝菅沼菜々選手

  5. 富士フイルムスタジオアリス女子オープン 阿部未悠選手

  6. 日本女子オープン 菊地絵里香選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA