大谷翔平選手

大谷翔平選手の調子が上がってきましたね。

韓国での開幕戦当初は、このブログでも、体が開いていることを指摘していましたが、

大谷選手の打撃妨害が出る頃から、体がだんだん開かなくなってきましたね。

センターへ特大のホームランや、
体が開かなくなってきた。

打ち方の特性上、しょうがないのですが、
外角低めのボールも、
腰が引けながらですが、
片手を離さなくても両手で届くようになってきた。

調子が上がってきているとは思います。

しかし今、大谷選手とっては一番気をつけなければならない時期。

細心の注意を払って、できるだけ困難が来ないように、困難が来るのが遅いようにし、次に来る困難の時期を乗り越えなければならない。

好調の6月から、
月が変わる7月、
流れが変わらないように、願うばかりです。

ライバルのニューヨークヤンキースのジャッジ選手の打ち方が変わりましたね。

今までほとんど右手はフォロースルーで離していたのに、
今年は右手を持ったままフィニッシュできる。

右手が長くなったかな。それとも以前はどこか痛いところがあったのかな?
今の打ち方の方が良いようには見えます。

関連記事

  1. イチロー選手のバッティング練習

  2. ショートアーム投法 右肘靭帯

  3. 阪神タイガース 才木浩人投手

  4. 巨人軍 菅野投手

  5. 大谷翔平選手

  6. 今永昇太投手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA