クロスハンド

パターのクロスハンドグリップについて。

最近、渋野日向子選手と、
鈴木愛選手がクロスハンドに変えましたね。

2人ともパターが上手い選手。

順手をクロスハンドに変えたと言う事はやはりパターが入らなくなってきたのでしょうか?

クロスハンドなら体で振れるような気がする、手首を使わない気がするんだと思います。

体との一体感がある。しかし体で振ると言う事は丸く振ると言うことになります、
円運動になる。

インパクトゾーンが作れません。

おそらく反復性・連続性が良くなることによって安定して入ると考えるんだろうと思いますが、
それを犠牲にインパクトゾーンが作れません。

若いうちは筋肉の遊びで体が柔らかく勝手にインパクトゾーンが作れますが、
年齢が重なってくると、円運動ではダメです。
クロスハンドではインパクトゾーンが作れない。

そしてパターの打ち方がショットにも影響してきます。

本来、インパクトゾーンを作るには技術がいるのです。

その技術を知らないのでは?
インパクトゾーンを作る理論がそこには無いように思います。

まずはできたら順手に戻していただきたいものですが。

後藤修氏の理論「グリップについて」

グリップとアドレス、バックスイングでゴルフの80%くらいが決まると思っております。

正しいグリップ、アドレス、バックスイングができないと、
正しいフォロースルーをしてもまっすぐ飛ばないことになります。

スイングの前半が非常に重要になってきます。
ゴルフは止まっているボールを打つスポーツです。

したがってゴルフクラブと接する唯一の接点、グリップ、
そしてアドレスが重要になってきます。

ここではグリップの話をしたいと思います。

人の体にはあそびがあります。

筋肉、皮膚は弾力性がありゴムのようであり、伸びます。
そして骨もしなります。
ですからグリップはフックグリップが基本となります。

左手は第一関節がツーナックル見える位です。左手はパームグリップ、
右手はフィンガーグリップですね。

左手は手のひらに握り少し斜めになるように握ります。
右手は指だけで握ります。

手はできるだけ柔らかい方がいいです。
逆にそるぐらい。

そしてグリップはできるだけ隙間なく握ることが大事になってきます。
手の中でゴルフクラブがあそんではいけません。

グリップと手の隙間の空気を押し出す感じ、
グリップと体を密着させることが大事になってきます。

そのためには手が柔らかくないとダメです。
よく爪が白くなるくらい、強く握れと言う方もおられます。

これは体の柔らかいジュニアの頃はまだ大丈夫ですが、
歳を重ねるにつれて、体が硬くなってくるとあまり強く握っていると体のあそびがなくなり、
怪我をしたり、
ボールがまっすぐ飛ばなくなってきます。

若い頃のあそびとりにはグリップを強く握ることがひとつの方法ではあります。

後藤先生はグリップの握る強さは、
水の中で手を握って、手の中から水を押し出す感じ位で握ってと言っておられました。