宮里優作選手について

宮里優作選手もアマチュアの頃から強かった選手ですね。

確かアマチュアの頃に、太平洋クラブマスターズで10位入賞されているのではないでしょうか?

宮里優作選手ぐらいから、アマチュアでもプロの試合で上位に入賞する選手が出てきた最初の世代ではなかったでしょうか。

デビュー当時、後藤先生は宮里優作選手のことを、尾崎直道選手級の素質を持った素晴らしい選手だと評価されていました。
デビュー当時から、「賞金王は確定」とも言っておられました。

その後、初優勝はかなり遅く道のりは長くかかりましたが、やはり後藤先生の言葉通り賞金王になりました。

ショットはフェード系、なのに切り返しが良い。
それに割と左に振らない良い選手だと思いますが、少し腰を切るような感じのところがありますね。

近年は、年齢とともに体が少し硬くなり、
インパクトゾーンもだんだん短くなりかけておられます。
今年はあまりスイングを見る機会がありませんが、一度チラッと見たときに、
以前のような良さがなくなってきていたように感じました。

どこかで詳しく見る機会があればいいなと思っております。

初優勝や賞金王が遅くなったのは、やはり若い頃からパター、アプローチに難があるからでしょうか。

マスターズに出場された時に、後藤先生は「特にスライスラインのアプローチの打ち方がかなり悪いな」と言っておられました。

パターのグリップもいろいろ工夫されておられますね。

パター、アプローチを改善できれば、
まだまだメジャー大会優勝もありそうな選手だと思います。

頑張って欲しいものです。

関連記事

  1. 丸山茂樹選手

  2. 笹生優花選手について

  3. 松山英樹選手⑩2021ソニー・オープン・イン・ハワイ

  4. 後藤修氏の理論「切り返しについて」

  5. 松山英樹選手6

  6. パターの打ち方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。