2020年エリエールレディースオープン 優勝古江彩佳選手

2020年エリエールレディースオープンの優勝は古江彩佳選手ですね。
おめでとうございます。

今、1番調子の良い選手かも。
というか今年は1番良いスイングかも。

身長が低いので横に上げてもフォロースルーは少し縦に抜けてくる。
ただフィニッシュ直前でかなり手首を使いますね。これが気になる部分。

それとリリースもあるけどもインパクトで少し体が開きかける時がある。

ダウンスイングで少し顔を振り出し、切り返しで頭も少し沈むが、インパクトはそんなに体が開かずリリースが間に合っている。

何よりも切り返しの手とクラブの動きが良い。体を揺さぶらない、反動を使わないスイング。
ボールも止めることができる。

これは渋野日向子選手が全英女子オープンでもこの点はすごくよかったかな。

背が低い割に足がしっかりしている、足が太い?
レディーには少し失礼な言い方かもしれませんが、プロゴルファーとしてはすごくいいところだと思います。

インパクトで少し体が開いて右に飛びかけるのは、フォロースルー以降の手首の動きで少し抑えようとしている部分があるのかな。

パターは長めのパター?
背が低いからそう見えるだけでしょうか?
腕を短くして振っているが今のところ順調そうな打ち方。


笹生優花選手のスイングの調子がまだ良くないですね。

フォロースルーは左に行くので、返さないように降ってますし、体も反動を使って軸もかなりぶれています。

パターの打ち方も横に使い、距離感はあるのかもしれないけれどもラインが出せる打ち方では無いかもしれない。

このままだとまたクロスハンドグリップに走りかねないような感じもしますが。
足、腕を突っ張って遊びをとり、体を動かさないようにしてパターの打っているかな。

できるだけ持ち方を順手でがんばって欲しい。調子が悪くて3位ですから、やはりすごい才能の持ち主ですね。

渡邉彩香選手は飛距離が出るんですね。
今年、優勝もされています。
でも右に向いて、左からフェードボールを打つ。
これではやはりスランプの一歩手前?

さぁ今年最終戦はどうなるのでしょうか?

まずここまでで日本女子の今年の一番いいスイングは古江彩佳選手のように思います。
ただ疲れが出ているのか、リコーカップで、初めてフィニッシュで右手を離す姿を見ました。がんばって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です