佐々木朗希投手と藤浪晋太郎投手

佐々木投手の、初の実戦登板がありましたね。佐々木投手はとても左足が高く上がる。

これはゴルフでも大切な部分です。
ゴルフでもトップで左腿が高い事は非常に大切です。
昔の沢村投手も左足がすごく高かったです。

そして田中将大投手と同じように、後藤先生の言葉で言うと、「左足の自転車こぎ」ができている。
だから左足が縦に使えている。
左腕もそんなに低くなく、縦に使えている。
だからフィニッシュがバランスの良いフィニッシュになっています。


同じ日に藤浪投手も登板していましたが、藤浪投手はダルビッシュ投手と同じように左腕をドローに上げますが、左腕を横に使ってしまう。
そして左足も横に使ってしまう。
その為どうしてもボールがシュート回転してしまう。
ボールに正しくエネルギーが伝わっていませんね。横に使ってしまうので。
フィニッシュもあまり良くないように見えます。

このままだと、今シーズンも調子は良くないかな?
藤浪投手も、才能豊かな投手、活躍してほしいものです。

佐々木投手で気になるのは、ランナーがいなくてもセットポジションで投げていたのかな?ワインドアップの投げ方をまだ見ておりません。
ワインドアップになると横に使う投手もいるので、ぜひ投げ方を見たいものです。

現時点では今シーズンは活躍してくれそうにも見えますが、ワインドアップの投げ方を見てみないとまだどうなるか分かりません。

また後日書きますが、野茂英雄投手も、後藤先生がよく褒めた投手です。

しかし野茂投手がノーヒットノーラン?を達成した時、投げ方は全てセットポジションだったかな。

このときの野茂投手の調子について「怪しい」と言う言葉を使っておられました。
やはりワインドアップで、縦に使える投げ方ができるということが素晴らしいということになってきます。
投げ方の良いピッチャーを見ているとやはり楽しくなってきます。
皆さんのご活躍を祈っております。


関連記事

  1. ダイキンオーキッドレディース最終日14番の西郷真央選手のパッ…

  2. 五十嵐亮太投手

  3. 2021年中日クラウンズ初日、星野陸也選手の18番セカンドシ…

  4. 4番バッターとエースピッチャー

  5. ゴルフのバックスイングの右肘

  6. 後藤理論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。