2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

2021年マスターズは、もちろん皆さんもご存知だと思いますが、松山英樹選手の優勝で幕を閉じました。


おめでとうございます。

グリーンジャケットを着た時、松山選手はまるで子供のように喜んでおられますね。

やはり苦労もあったので、よほど嬉しかったんだと思います。

2011年の初出場から10回目、東北大震災から10年の節目の年の優勝で、何か因縁めいたものを感じます。

最終日も、やはりかなりのツキ、運の良さがありました。
4月11日のブログでも、最終日までショット、パットがもってくれればいいですがと書きましたが、何とか11番、12番ぐらいまではもってくれました。

1番、2番と8番と12番以降を見させていただきましたが、12番ホールはあれだけのストローク差があればしょうがないような気がします。
ピンをまっすぐ狙わず、池に入れないところ、グリーンセンターを狙いそれが奥のバンカーまでいってしまいましたが。

13番ホールはまっすぐ飛んでいってしまい、ドッグレッグ正面の林の中へ、しかし、木にまともに当たってほぼフェアウェイ、セカンドカットのところまで出てきたでしょうか。
その後のセカンドショットも左にひっかけグリーンの左に外しましたが、ナイスアプローチでバーディー。

結果的にこのバーディーが大きかった。
もし木に当たってなくて、林の中なら、バーディーを取れていたかどうか分かりませんでした。

このバーディーによる1ストローク差が最終的にすごく効いた。

神様が松山選手を応援していた、松山選手に優勝させようとしていたように感じるところです。

15番で奥の池に入れ、また16番ショートホールでもスリーパット、18番でもボギー。
5ストロークあったリードが、最終的には1ストローク差になってしまいましたが、何とかショット、パットが11番まで持ってくれた、そして前日までの貯金があったので優勝できましたね。
本当に良かったと思います。


11日のブログでは「最終日、ショット・パターが持たなくても、スコアが伸ばせなくても、後続の追い上げがなければ優勝ができますが」とも書きましたが、後続の選手がスコアをあまり伸ばせなかったですね。

これも私の予想通りというか、幸運でした。


シャウフェレ選手が追い上げていましたね。

どうなることかと思いましたが、松山選手が15番で池に入れた後の16番で池に入れてしまいました。

これが大きかったかな。
あとを追う選手がミスをしてしまっては、やはり上にいる選手は少し楽になります。

16番ホールでシャウフェレ選手がバーディーもしくはパーであっても、松山選手はかなり苦しい展開になっていたと思います。

13番と16番が今回の鍵だったような気がします。


今回、松山選手のスイングを見ていて改めてびっくりしたのは、8番のドライバーショット、正面からの映像を見たとき、アドレスは左体重にしていたでしょうか?

これはあまり良くないですね。

後藤先生はかつて松山選手を見たときに、時々、「私が教えたようなスイングをする」と言うことや、「武士の顔をしている」などと言っておられたこともありました。
(後藤先生は人相のこともよく言われていました)


私には今回、18番ホール終えてホールアウトする松山選手の顔が獅子に見えたかな。



ただ今回のスイングを見ていて、松山選手が優勝された事は、

これからの日本のゴルフ界にも、日本の社会にも明るい話題を提供したと思いますが、


松山選手の今後は少し、かなり心配?かな。


渋野選手もそうですが、メジャー大会を優勝して以来、少し伸び悩んでいる。


後藤先生はずいぶん前から、メジャー大会は2勝して本物、と言うことをずっと言っておられました。

メジャー大会を1勝することでもすごい偉業だとは思うのですが、後藤先生は1勝はまぐれでもできると。
2勝以上して本物だと言う事は言っておられました。


渋野選手も、はじめての海外試合が全英女子オープンだったかな?

そして怖いもの知らずのうちに(何もわからないうちに?)優勝してしまったように感じます。

少なくとも優勝を狙っていたと言うよりも、出場してベストを尽くしていたら優勝してしまったと言うような感じかもしれませんね。

狙ってメジャー大会を優勝すると言う事はやはりかなりの実力がないと難しいかもしれません。


今回の松山選手は、マスターズ10回目の出場で、優勝したいと言う気持ちがかなり強かったと思います。


ただマスターズ前のインタビューでは、マスターズに対して苦手意識もと言うことも言っておられました。


今年、オリンピックが開催されたとして、
松山選手はこのままの勢いでオリンピックの金メダルとってしまうのか。


後藤先生の最後の弟子、野人君も言っていたのですが、(私もちょうど同じことを思っていましたが)
後藤先生が松山選手のマスターズ優勝を見ていたらなんと言うかな、と言う話題になりました。


私は、おそらく後藤先生は
「メジャー2勝目するかどうか」
と言うのではないかと言う話をしました。


私は今回の松山選手のスイングを見ていて今後が心配になっています。


この勢いがいつまで続くのか、その後の展開が心配です。

関連記事

  1. ウェッジについて

  2. ダルビッシュ有投手

  3. 後藤理論

  4. 松山英樹選手⑩2021ソニー・オープン・イン・ハワイ

  5. ダイキンオーキッドレディース最終日14番の西郷真央選手のパッ…

  6. ホールインワン

コメント

    • 冬のトリトン
    • 2021年 4月 29日

    野人さん、お元気でしょうか。

    また近況を知らせてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。