オリンピック代表候補強化選手 石川遼選手 渋野日向子選手

石川遼選手と、
渋野日向子選手が、
オリンピック候補強化選手から外れたようですね。

世界ランキング上位者で決められているのでしょうか。

2人ともスイング改造で格闘中。
渋野選手も昨年、優勝した時は、
このままスイング改造を続けていけば、
全英女子オープン優勝時をより超えられると言う発言をされていましたが。渋野選手に関しては、しょうがないところもあるかもしれませんね。
アメリカツアーを目指して、今あまり試合に出れてない状況。
ただやはり後藤理論から見ると、今の渋野選手のスイングは、全英女子オープン優勝した時よりも点数は良くないです。
もしその時よりも良いスイングであれば、その時のスイングより良いものを身につけて欲しいものです。
最近、感じるのですが、今の若手は、みんなプロ入りした時が一番強い。
そして全盛期を迎えると、その後は下降曲線を描いていく。
やはりプロ入りしてから、自分の成績が出なくなると、スイングを変えようとする。
しかしその理論、その方向が間違っているのではないでしょうか。
もっとみんな才能のある選手。頑張って欲しいものです。

関連記事

  1. 2021年マスターズ3日目を終えて

  2. 2021日本女子オープン 優勝 勝みなみ選手 烏山城カントリ…

  3. 山本由伸投手 奥川恭伸投手

  4. 2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

  5. 2020年プロ野球日本シリーズ

  6. 2021年全米プロゴルフ選手権の13番フィル・ミケルソン選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA