2022日本女子オープン 優勝 勝みなみ選手

日本女子オープンの優勝は勝みなみ選手でしたね。
おめでとうございます。

以前にも書きましたが、
オープンスタンスでドローを打っている、
ジャンボ尾崎選手が復活作戦に使った打ち方です。ただスイングの内容はあまり良くないですね。

フォローするのでシャフトが寝るかもめの水兵さんになったり、

どうもバックスイングをインサイドに多めに引いて、
アウトサイドに出すフォロースルーでアウトサイドに出すようにするとラインが出てきたと言うようなことを言っていますね。

オープンスタンスでドローを打つつけとして、
バックスイングがインサイドに入ってしまう。

これ良くないんですよね。

フォロースルーは、
腕はかなり上に振れている。
日本女子では今一番かな。
以前はひっかけでドローボールを打っていました。
ショートアイアンではフォロースルーは立っていましたが、長いクラブではフォロースルーは立たず横に振られていました。
これでシャフトがジャンボ尾崎選手のように立ってくればホント良い成績になりますが。

勝選手とジャンボ尾崎選手と根本的に違うのは、
インパクトの形。

勝選手はテニスで言ういわゆるフォアハンドのインパクトですね。
それに対してジャンボ尾崎選手のインパクトはテニスで言うバックハンドのインパクトですね。
以前にも書きましたが、
来年は、
勝選手は自分の飛距離を生かして、
アメリカツアーに参戦したいような発言をされておられました。

しかしこのスイングでは、
海外ツアーは少し厳しいかな。

飛距離が出ればいいというものではないと思います。

やはりそのスイングの内容が重要になってきますね。

勝選手も才能豊かな選手、
スイングをもっと良くして大きく羽ばたいて欲しいものです。

関連記事

  1. 松山英樹選手6

  2. 山本由伸投手

  3. 2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

  4. 田中将大投手

  5. 中村紀洋氏

  6. 後藤修氏の理論「切り返しについて」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA