後藤未有選手

後藤未有選手は
住友生命バイタリティーレディース東海クラシックで最終ホールティーショットを左の池に入れてしまい、優勝争いから脱落しました。

この選手、
ショットもパットも押しの打ち方ですね。

パターはオープンスタンスに構え、
バックスイングは小さくフォローするが大きくフィニッシュも高い。

ロングパッドにとってはかなり左肘を引く。
あまり良い打ち方とは言えません。

ショットもそうですね。

トップよりも、
フォロースルーの方が大きくみえる押しのスイング。

フォロースルーヒッターと言う感じ。

だからバックスイングから、フェイスを開いている。
押しのスイングで体が開くので、
左に行くのフェイスを開いて防いでいる。

最終ホールのパーパットも、
フックラインなのにオープンスタンスに構え、
半分、ラインを眺めながら打っている感じ。

タイガーウッズ選手や、
超一流のゴルファーがテニスのバックハンドであるのに対して、

後藤選手はパットもショットも、
テニスのフォアハンドの打ち方になっていますね。

これ、良いことでは無いのですが。


関連記事

  1. 山下美夢有選手の60

  2. 松山英樹選手の歩き方

  3. インパクトの基本

  4. 佐々木朗希投手

  5. 阪神タイガース 村上頌樹投手

  6. 川岸良兼選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA