井上尚弥選手

井上尚弥選手は世界4団体統一と言う
成し遂げましたね。
なおかつすべてKO勝ちと言うのは世界初だそうで。

まさにモンスターそのものと言う感じです。

父親から、
強くあるとともに、
優しくあれと言う教育を受けておられたようなことを言っておられました。

ボクシングを、
格闘技と言うよりもスポーツで捉えていると言うことも言っておられました。

威嚇したりすることなく、
正々堂々と戦う姿勢でしょうか。

まさに真のチャンピオンと言う感じですね。
後藤先生が言っておられました。
「21世紀は真面目な奴が勝つ時代だと」
まさにその通りになっていると思います。
イチロー選手、大谷翔平選手、今回のサッカー、ワールドカップで活躍した選手たちもそうでしょうか。
一時期の勝つためなら、相手を威嚇する、ビビらせる、強面が強い時代というのがやはり終わってきたような気がします。
後藤先生が先見の明は素晴らしいものがあります。
他にもいろいろありますが、またおいおい紹介したいと思います。
企業、経済界、政治の世界が今のスポーツのように進化していってくれると嬉しいですが。

関連記事

  1. 田中将大投手

  2. 佐々木朗希投手と藤浪晋太郎投手

  3. 松坂大輔投手

  4. 菅野智之投手 左腕

  5. ミヤギテレビ杯 渋野日向子選手

  6. 大谷投手の160キロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA