大谷翔平選手

6月に入って、大谷翔平選手の打撃が好調ですね。

何より良いのが、
レフト方向にホームランが出ていること。

昨年はレフト方向のホームランが極端に減りましたから。

一昨年はすごく多かった。だから、ホームランの数も多かった。

ただオールスターのホームラン競争以降に調子が悪くなったから。
体が開いて引っ張るようになった。

今年もオールスターのホームラン競争出ないほうがいいかも。

今年は、レフトへのホームランが多いから、
ホームランの本数も増えると思います。

そして、何より、
だんだん大谷選手がイチロー選手に似てきた。

まだイチロー選手の域には
達していない分もあるが、
かなり体が開かなくなってきた。

もともと長打を打つ能力、
ホームランを打つ能力は、
イチロー選手の比ではない位ある。

イチロー選手も、
投手大谷より、
打者大谷の能力を認めていた。

そこに体が開かないと言う技術を身に付けようとしているから。
まずファールを打つカットの仕方がイチロー選手に似てきた。
体を開かずにファールを打つ。
それと大谷選手に対する打撃妨害が増えていること。バットを振りにいこうとすると、キャッチャーのクラブがバットに当たってしまう。
これはおそらく、大谷選手がバットを振らないと思って、キャッチャーがクラブでボールを取りに行くと大谷選手がバットを振る。
振り出しが遅いのに、バットにボールが当てれてしまう。
それだけ大谷選手のレベルが上がっていると言うことだと思います。今後の大谷選手の進化が見ものですが、少し怪我が心配な部分があります。

関連記事

  1. 阪神タイガース 才木浩人投手

  2. 右肘靭帯 大谷翔平選手

  3. 吉田正尚選手

  4. 村上投手と才木投手

  5. 大谷翔平選手 右肘靭帯

  6. 吉田正尚選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA