継続 後藤先生の命日

大谷選手の右肘靭帯の話もまだ続きがありますが、
今日は後藤先生の命日でもありますので、
ちょっと違う話を。

先日、ヤフーの記事で、元塾生の子が、
先生は1人でなくても良い、
より添える先生で何度も変えていって良いと言うような記事を書いていました。

机上の上の空論いう言葉も使っていましたね。
後藤理論のことを言っているのでしょうか。

この子は、後藤先生の名前で、
今の立場を得ることができたのに、
最後は後藤先生を捨てていた。

自称、一番弟子を名乗っていた時もあったのに、
確かに後藤先生がこの子に信頼を置いていた時はあったし、
この子が後藤先生に尽くしてきたことなども知っている。

その子が一番弟子を名のるのならそれでも良いかと思ってた時期もありましたが、
最後は後藤先生が電話をかけても出ることなく、
無視し、
何事も言わずに去っていった。

後藤先生に去ることを言いにくいのはわかるが、
それでもあれだけ世話になって、
最後はあの終わり方かと思い、非常に残念に思います。

いろんな考え方があって良い。

先生が1人でなくても良いと言う考えもあっても良いのかもしれない。

しかし、私はちがいます。

継続、
できれば先生はひとりの方が良い。

今の世の中は、
仕事も、
1つの会社で終わることなく、
転職される方も多いかとは思いますが、
やはり、もし1つの会社で終われるのなら、
1つの仕事をずっと続けられるのはなら、その方が良いとは思います。

同じ仕事が継続できると言う事は、
その仕事のプロフェッショナルになれるから。

結婚生活でもそうではないでしょうか。
離婚を否定するものではありません。
現在は離婚も増えているのかな。

でももし、
1人の方と結婚生活を継続できるなら、その方がもちろん良いのではないでしょうか。

私が小学校から今まで付き合っている、
この世の中で一番信頼おける友人は、
いちど離婚をしています。
でもそれも人生。
新しい方と素晴らしい人生を送られている。
それはそれでいいと思います。

でも、もし、
この人と思える人が出てきたのなら、
その人と永遠に継続できているのなら幸せだと思えるのですが。

後藤先生が私に言われたことがありました。

「1つの仕事で終われる事は幸せなんだぞ」と私に言われたことがありました。

私も1つの仕事で終われているわけではありません。

プロゴルファーを目指し、
断念し、
今はゴルフも教えながら、しんそう療方と言う仕事もしている。

後藤先生も、
プロ野球選手になり、
引退後は、
プロゴルファーを教えるプロコーチとして、
人生を邁進し、
全うされていました。

私は、後藤先生を前に、
1つ言ったことがあります。

「一生、後藤塾生でいさせてください」と。

人の気持ちは変わるものです。
でもそれは私は今生、全うできそうな気がしています。

そして後藤先生が生きておられる時に、
もう一つ私は言った言葉があります。

「おそらく私は、
今生で、

ゴルフが上手くなり、
メジャーチャンピオンなどになることはできないような気がします。

もし生まれ変わって、
ゴルフができる環境に生まれ変わってきたのなら、
もう一度、後藤先生を見つけて、ゴルフを教えていただきたいです」と言ってしまいました。(笑)

後藤先生の怖さを知っているならなかなか言えない言葉(笑)。

でもやはり、
今でも、ゴルフが上手くなりたいと言う気持ちは萎えていません。

もっとゴルフが上手くなりたい。
できることなら、
マスターズを目指したい、
そんな気持ちはまだまだあります。

でも、今の世での私の使命はそれでは無いのかも。

今の自分の喜びは、
人に尽くせること、
人に幸せになってもらえることかな。

今でも、もし神様が、
来世でもゴルフを私にやらせてくれたら、
後藤先生を見つけて、
ゴルフを教えてもらいたいと言う気持ちに変わりはありません。

でも後藤先生には、
プロゴルファーを目指すものは、
来世などと言う言葉を言うものではないと言うふうに叱られた記憶があります。

今、私は幸せです。
世界一、幸せかもしれません。

そう思える人間が増えてくれば、
世の中ももっと幸せになってくるのだと思います。

そんな気持ちを親に伝えたことがあります。

私は、
親不孝者で、
3、4年くらい両親の顔を見ていなかったことがあります。

実家に帰ることがあったとしても、
私と家内の予定が合わず、
別々に実家に帰ることばかりだったのですが、
父はよく2人で一緒に帰って来いと言うふうに言っていました。

でも忙しくずっと別々で帰っていたのですが、
あるときに両親に、
こう伝えたことがありました。

「私はすごく幸せです。
こんな幸せな人生を送れるなら、
お父さんとお母さんが何度も結婚して、
お父さんとお母さんの子供で何度も生まれてきたい」と。
そうすると、それ以来、
父親はほとんど文句を言わなくなりました。

私は家内にも、
「何度生まれてきてもずっと一緒、
何回も結婚してね」とプロポーズしています。
継続。

人の気持ちは変わるものです。
もしかしたら私の気持ちも変わってしまう場合もあるのかも。

でも今私はそんな気持ちです。
そして後藤先生が言っていた通り、
やる事は、前もって言え、
そして言ったことをやれるようにしていく事が運を良くしていくことだ。

今は、
言った言葉を実行しようとしているし、
今の時点ではその事は実行できそうな気持ちです。

だから、
できたら、
何でも継続されることが大切、
1つであることが良いと思います。

ゴルフの先生も同じ。
この先生と思えたら、
一生ついていけるのが良い。
もしこの先生なら、一生ついていけると思えたのなら、
そして、それが実行できたのなら、
それはすごく幸せなことです。

私は毎日、奇跡を信じて生きています。
でも奇跡は突然起こるものではありません。
奇跡は積み重ねによって起こるもの。
継続、
続けていくことがすごく大切なんです。

私は昔すごく飽き性でした。
続けると言うことがなかなかできなかった。

でもある出来事をきっかけに、
続けれるように、
継続できるようになったような気がしています。

私の知人が言いました、
「やめてしまえば、
それはやらなかったことと同じ」

すごく重たい言葉だと思います。

後藤先生が元塾生を認めないと言った意味わかるような気がします。

関連記事

  1. 大谷翔平選手の申告敬遠

  2. 大谷翔平投手

  3. 後藤先生が日本人で一番教えたかった選手は?

  4. ダイキンオーキッドレディース最終日14番の森田遥選手のパッテ…

  5. 五十嵐亮太投手

  6. 黒田博樹投手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA