後藤修氏の理論「アプローチについて」

アプローチは、ピッチエンドランが基本になります。
アドレスは少しパターよりは大きくなります。

パターは足のスタンスは広めですが、アプローチは少し狭めになります。
その理由はやはり膝を使うからです。
パターは下半身を一切使えません。

それに対してアプローチはたとえ1ヤードのアプローチでも膝を使います。
下半身を使います。

そしてやはりバックスイングのクラブヘッドの軌道はまっすぐになります。
クラブフェースの向きが少し下向きになります。

バックスイングで右肘をたたみます。
どのクラブを使うかと言う問題もありますが、

30ヤードのアプローチでトップのクラブヘッドの位置が30の0をさすくらいほぼ、まっすぐ引くことになります。

切り返し、ダウンスイングではあげたところを全く同じにおろすか、
少しインサイドに入ります。

インパクトの形はパターと違い、
また膝を使うので腰は開かない方は開かない膝も開かない形になりますが、

少し腰、膝などが前方にスライドします。
アプローチはストレートボールが基本になりますので、ヘッドは返しません。

また腕も返しません。
だいたい50、60ヤード以上のアプローチに関しては、

ドロー系アプローチ、
ストレート系アプローチ、
フェード系アプローチがありますので、バックスイングの上げ方、
フォロースルーの仕方も変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です