渋野日向子選手について⑤

TOTOジャパンクラシックの渋野選手はトータル6アンダーでした。
本人もまだまだ納得はできてないと思いますが、前よりは切り返しは半分良くなっているような感じです。

でも全英女子オープン以前のような良さはありませんね。

それとパター、アプローチも以前よりやはり良くありません。ここでの細かい指摘は今回は避けておこうと思いますが、
やはりウェイトトレーニングの影響が出ているのではないでしょうか?

早く良いスイングが身に付いて、また活躍してほしいものです。

3件のコメント

  1. 初めて、コメントさせていただきます。
    松山選手や渋野選手が海外で頑張っています。
    他の選手たちも頑張っていますが、なかなか結果を出すことはむずかしいですね。コース環境や芝の違い、日本と同じ様な便利な生活環境が整っていない国々では長年、日本で生活してきた選手にはストレスが多いと思います。
    トレーニングで鍛えた選手と同じ土俵でプレーするのも大変です。
    飛んで、アプローチも寄せ、パターが入る所をみてたらなかなか環境に慣れない人はメンタルからダメになるかもしれません。
    日本でなら良いスイングをしていても、ベント芝やバミューダ芝など幾つもの芝を見ると日本でコーライに慣れてる選手には慣れたころに試合が終わってしまう感覚があるかもしれません。
    話は変わりますが、今年のデシャンボー選手はあれほど急激に体格を変えて飛距離を伸ばしアプローチとパターも良く、全米オープンに優勝しました。日本人では考えられない変化ですが、あれ程までに筋肉をつけて距離感を養えるのはどんな練習をしたのでしょうか。優秀なトレーナーやコーチがいるようですが、どんな長期計画を立てて来たのかとても興味があります。それにしてもこれから長い選手生活を考えていると思いますが、10年後も維持した成績を出していたら、これからのゴルフ選手はゴリラのような体格の選手ばかりになってしまうのでしょうか?
    体型や筋力は個人が持っている資質もあると思います。デシャンボーには筋力をつけた体格でもスイングができるのかも知れませんが、メジャーリーグで活躍したイチロー選手のように長くケガをしないで技術のある高度なプレーを見たいと思います。
    長文になってしまい申し訳ありません。

    1. コメントありがとうございます。

      後藤先生の考えをお伝えしたいと思います。

      体型体格に劣る日本人が、世界で活躍する、メジャーを優勝しようと思うと、スイングを良くするしかありません。

      例えば外国人が60点のスイングで優勝できるなら、日本人はそれ以上、100点のスイングを極める必要があると言うお考えでした。

      だから選手には大型完全スクエア打法の、
      完全なる習得を求めました。

      そして芝の違いに関しては、
      空間でボールを捉えると言うお考えでした。空間でボールを捉える、少し解りにくい言葉かもしれませんね。

      これは芝の上にボールがあるのではなく、
      空間に浮いているボールを打つと言う考えです。

      ですからどんな芝の上にあっても、関係ないと言うお考えです。

      そういう考えのもとに大型完全スクエア打法はできております。

      将来、ボールを空間に浮かしてそれを打つ練習ができれば、バミューダ・ベント・高麗などどんな芝の上でも関係なく打てると言うお考えでした。

      言葉では伝わりにくいかもしれません。
      ティーアップもボールを空間に浮かして打つ事になりますが、ティーアップすることなくボールを浮かしてそれを打つ練習をすると言う意味です。
      だから私たちは、ティーアップでの練習が多かったのです。
      デシャンボー選手についてはまた時間がある時に。

      1. デシャンボー選手に関しては、今後の展開を見ていかなければもちろん分かりません。

        ただもちろんドーピングはしていないにしても、もしサプリメントを使っていた場合、内臓にかなりの負担がかかっています。

        ですから歳を重ねていくにつれて、内臓が悪くなります。

        落合博満氏が今病気がちですが、選手の頃にいくつもの種類のサプリメントを飲んでいたようです。

        後藤先生はサプリなど、人工のものを嫌いました。

        いろんな食べ物のことを教えていただきました。

        自然の食物を取ることによって体を強く丈夫にし、強いスイングができる肉体にしようとしておられました。

        後藤先生の目標の1つに、長寿世界一を作るというものがありました。
        ゴルフが上手くなることももちろん大切ですが、健康であることのほうがもっと大切だど考えておられたのだと思います。

        私はそれが正しい道だと感じております。

        デシャンボー選手はウェイトトレーニングをされているようですが、ウェイトトレーニングは早く上達する、しかし早稲で終わります。

        後藤先生はどちらかと言えば大器晩成を好みました。
        大器晩成でなくても良いのですが、若い頃から活躍しても良いのですが、息の長い選手、選手生命の長い選手を好みました。

        若いうちに活躍して、若いうちに引退し、その名声、名誉などで解説などをして生計を立てていくということに少し疑問を持っておられたようです。

        スイングに関してはまた機会があるときに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です