黒田博樹投手

黒田投手は、後藤先生もよく褒めておられました。

左腕、左肘もよく上がり、縦に使える。
右肘も上に上がり、良い投げ方の投手です。

だから大リーグ、ニューヨークヤンキースでも活躍し、大リーグを辞めた後も日本に帰り広島東洋カープで有終の美を飾りました。

両方の肘、腕を上げれているときは調子が良く、調子が悪い時は左肘が上がらなかったり、もしくは右肘が上がらなかったりなど、どちらかの腕・肘が上がらなかったりしました。
後藤先生が褒める投手は、やはり選手生命の長い、息の長い選手になります。

関連記事

  1. 大谷投手の160キロ

  2. 東建ホームベートカップ 優勝香妻陣一郎選手

  3. ダイキンオーキッドレディース最終日15番の森田遥選手のドライ…

  4. 天才 高山忠洋選手

  5. 笹生優花選手について

  6. 後藤理論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA