松山英樹選手 2021年2月27日

松山選手の2021年2月27日のスイングを見みました。

トップが浅いアイアンショットなどは切り返しは良いのですが、やはり長いクラブになってくるとまだ切り返しが良くないですね。

何より良くないと思ったのが、だんだん横に振るようになってきた。
フィニッシュがだんだん悪くなってきています。

後藤先生の言葉を借りると、だんだん普通の選手になってきた、並のスイングになってきたという言葉を使われるでしょうか?

パターも本人が納得いくものではなかったようです。

ただ3パッドはなかったんですね。
大変凄い記録だとは思いますが、その記録も途絶えてしまったようで。

今のスイングだと、そこそこの成績は残せるのかもしれません。
周りの選手の調子によっては、上位~優勝もあるかもしれないですが、良かったときのスイングと比べると、だんだん見劣りするものになってきているかも。

頑張って欲しいものです。

関連記事

  1. 松山英樹選手⑩2021ソニー・オープン・イン・ハワイ

  2. 後藤修氏の理論「トップについて」

  3. 2020年三菱電機レディース

  4. パターの打ち方

  5. 黒田博樹投手

  6. ウェッジについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。