大岩隆一選手の2021年水野オープン15番ホールのパッティング

順手である事は、今の若手がクロスハンドが多い中で良いことだと思います。

しかし足のラインと肩のラインが平行でない。体がねじれている。
アドレスのボールの位置もパターの先っぽに構えているのはあまり良くない。
フックラインをうまく入れましたが、もう少しいろんな部分を変えないと日本での優勝、もしくは海外で活躍するような選手にはまだなっていないようなパッティングに感じます。

関連記事

  1. ダイキンオーキッドレディース最終日15番の森田遥選手のドライ…

  2. 佐々木朗希投手と藤浪晋太郎投手

  3. ダイキンオーキッドレディース最終日14番小祝さくら選手のパッ…

  4. ダイキンオーキッドレディース最終日14番の森田遥選手のパッテ…

  5. 藤浪投手と佐々木投手

  6. ダイキンオーキッドレディースの17番ホール渋野選手のアイアン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。