大岩隆一選手の2021年ミズノオープン15番ホールのパッティング

順手である事は、今の若手がクロスハンドが多い中で良いことだと思います。

しかし足のラインと肩のラインが平行でない。体がねじれている。
アドレスのボールの位置もパターの先っぽに構えているのはあまり良くない。
フックラインをうまく入れましたが、もう少しいろんな部分を変えないと日本での優勝、もしくは海外で活躍するような選手にはまだなっていないようなパッティングに感じます。

関連記事

  1. 2021年全米プロゴルフ選手権優勝フィル・ミケルソン選手

  2. 宮里優作選手について

  3. 川岸良兼選手

  4. 2021年マスターズ3日目を終えて

  5. 2021年全米女子オープンゴルフ選手権優勝 笹生優花選手

  6. 稲見選手の飛距離アップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA