MVP獲得 大谷翔平選手

昨日、
大谷翔平選手がMVPを獲得しましたね。
おめでとうございます。

今年の活躍は目覚ましいものがありましたね。

大谷翔平選手にはできるだけ息の長い選手になってほしいと思います。

心がしっかりしている、
向上心の強い選手ですから、
頑張ってくれるとは思いますが、
今後、どうやって上を目指すのでしょうか。

筋力トレーニング?
技術的な進歩はどう考えているのか、
後半明らかにバットが上がらなくなった、
どのように修正してくるのでしょうか?
楽しみです。

ただやはりウェイトトレーニングと言うものは、
選手の寿命を縮めると思います。

大谷選手も、
肘も膝も手術しています。

筋力トレーニングで、
ウェイトトレーニングで、
筋肉を鍛えることができます。

後藤先生曰く、腱は鍛えられないと。

後藤先生はそこまでずいぶん前から言っておられました。

ですから筋肉が重くなると、
腱が耐えられなくなる。

だから肘、膝を痛める選手が多いのではないでしょうか。

松井選手も膝を
清原選手も膝を悪くしている。 

ゴルフでもケプカ選手が、
そしてタイガーウッズ選手も膝を悪くしている。

そしてプロ野球選手で肘を悪くする選手はたくさんおられます。

みんなクリーニング手術や、トミージョン手術を受けたりしています。

おそらく後藤先生ならば、膝や肘も手術させずに、治すと思います。実際、そういう現場も見てきました、なぜ肘が痛めるのか、それは動き方が悪いからその上の方を治すと肘が痛まないのです膝が痛まないのです。
今、スポーツ界は少しおかしな方向に進もうとしているのではないでしょうか?それはすごく感じます。もっといろんなことがわかってくると、後藤先生が言われていたことに戻っていくと思います。そしてもっと活躍する、もっと息の長い選手がどんどん出てくると思います。早くそういう時代が来てほしいものです。
後藤先生は100年以上進んでいたのではないでしょうか。他にもまだあるのですが今後また紹介したいと思います。

関連記事

  1. ホールインワン

  2. 松山英樹選手5

  3. 松山英樹選手

  4. 2020年リコーカップ

  5. 松山英樹選手4

  6. 大谷翔平選手の申告敬遠

コメント

  1. 後藤先生の生前から新田理論には感銘を感じてます。
    今回の大谷選手へのトレーニングの話を読み、後藤先生が
    氷菓されていたイチローさんが現役時代常に取り組んでいた[初動負荷トレーニング]についての見解を聞いてみたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA