佐々木投手と大谷投手

日本のプロ野球も大リーグも終盤戦を迎えてきました。

やはり予想通りというか佐々木投手が疲れてきましたね。

セットポジションでの限界かな。

やはり、
1年間乗り切るにはセットポジションでは辛いものがあります。

早く佐々木投手のワインドアップを見たいですね。

佐々木投手が、
シーズン当初言っていましたがセットポジションに立ったときにまっすぐ立つ。
まっすぐ立つことによってコントロールが良くなると言うことを言っておられました。

年齢が若い分
筋肉の遊び取りとしてはいいかもしれません。

しかしやはり投手としては一度上を見る動きというのが必要となってきます。
これが良かったのは江川卓投手かな。

大谷投手もできています。
佐々木投手が大谷投手に劣る1つの部品ですね。

そのまっすぐに立つと言うことが、
最近は逆に左肩が下がるようになってきたように見えます。

前に突っ込んでいる?
右足に体重が乗れなくなってきている?
どちらにしてもボールの勢いがなくなってきました。

そしてこうなってくると、
佐々木投手の大きな欠点であるシュート回転のボールも増えてくる。

大谷投手もシーズン後半になってどんどんバックスイングはコンパクト、
小さくなっているように見えます。

シーズン終盤は、
やはり投球フォーム、
ゴルフスイングなどは悪くなってくるものです。

後藤先生は秋に強いプロゴルファーがやはり本物と言う事は言っておられました。

秋男と言えば倉本昌弘選手だったでしょうか。

それとやはり、
中嶋選手や、
ジャンボ尾崎選手など、
秋のトーナメントには強かった。

終盤強くなければ、
やはり賞金王は厳しいものですね。

関連記事

  1. 片山晋呉選手

  2. 2020東京オリンピック銀メダル稲見萌寧選手

  3. クロスハンドグリップ

  4. 2021樋口久子三菱電機レディースゴルフ優勝渋野日向子選手

  5. 稲見選手の飛距離アップ

  6. ゴルフのバックスイングの右肘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA