2022日本女子プロゴルフ選手権 川崎春花選手と菅沼菜々選手


日本女子プロゴルフ選手権の優勝は川崎春花選手でしたね。
おめでとうございます。  

川崎選手と菅沼菜々手、
この2人下半身の使い方がすごいですね。
後藤理論に近い。

女子でこんな下半身の使い方をできるのかって感じですね。

それとバックスイングも男子並みに良い。
バックスイングを縦に上げる。

菅沼選手は、
右肘が硬いためか
トップでクロスしてしまいますが、
川崎選手は、
軌道は良くても、
体が少しボールによっていってしまうという欠点はありますが。

2人とも振っていく方向も良い。
特に川崎選手は19歳と若いですが、
若いがゆえに石川選手のようにどの方向に進むかも分かりにくいですが、
周りがうまく育ててあげれば、
もしかしたらこの2人はお化けするかも。

少なくとも息の長い選手にはなっていきやすい。

川崎選手は、
ダウンスイングでも少しのノーコックかな。
フォロースルーでも稲見選手と同じ欠点があり、
少し頭がボールに寄っていく。
ただその欠点は稲見選手よりはまだマシであるが。
稲見選手もその欠点があるから間、
腰や肩、
体を痛める。

川崎選手もその危険性は少しあり。もう少し首は歪んできていますね。

インパクトは2人ともバックハンドにはなりきれてないが女子としては良い方かも。

ただ川崎選手はパターはラッキーだったかな。

前半バーディーがなく、
ミドルホールのセカンドが入ったイーグルだけ、
前半はパターが入っていなかったのが、
後半はパターが入りまくった。

打ち方がむちゃくちゃパターいいわけでもなく、
ラッキーで入ってた部分もあるので、
今後の課題でしょうか。

ちなみに4位に入ったささきしょうこ選手も振っていく方向が良いんです。実際のスイングを見てみたい選手です。
それともうひとり、4位に入った佐藤心結選手が今回見れなかったのは残念かな。ぜひ見てみたい選手のひとりです。どんなスイングをしているのでしょう!川崎選手、山下選手、菅沼選手、佐藤選手、の今後の活躍が見ものです。
ささき選手はどうなるのかな?

関連記事

  1. 2021年全米プロゴルフ選手権の13番フィル・ミケルソン選手…

  2. 大谷翔平選手

  3. 黒田博樹投手

  4. 2021リコーカップ

  5. ホールインワン

  6. アイアンクラブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA