三井住友VIZA太平洋マスターズ 優勝 石川遼選手

三井住友VISA太平洋マスターズに石川遼選手が優勝されましたね。

おめでとうございます。

この何年間か、
かなり苦しかったんだと思います。

やはりうれしそうでしたね。

でも、これから優勝が続くスイングかというと残念ながら、そういうものではないと思います。もうスイング改造して何年になるでしょうか。このスイング改造の延長線上に、賞金王があるとは思えない。
考え方の違いだと思いますが、
やはりシャフトをかなり横に使う。

おそらく左に行くのを嫌がったのでしょう。
シャフトをねかして
インサイドから入れることによって
左に飛ばないようにしているのでしょうか?

逆にシャフトを横に使うと言う事はインテンショナルフックをかけるときのシャフトの使い方なので、
左に行きやすくなるんですが。

そうするとフォローするので修正を入れなければならなくなるし、
プッシュアウトも多くなる。
石川選手は、よく後藤理論と全く逆のことをやろうとしていることが多々あります。
フィニッシュで右足を前に動かす練習をしていました。これは絶対してはいけないこと。ゲーリープレイヤーなど、歳を重ねてくるとそういうふうに右足が前に動いてしまう。
逆に星野選手は、フィニッシュの後、右足を後ろに引く。これは私たちも、意図的にこの練習をしたことがあります。
優勝した試合のバンカーショットでも、チップインしたやつですが、バンカーショットですら、打った後右足を後ろに引いていた。ちょっと良いほうに驚きました。
石川選手は華のある選手なので、
早く調子を戻して、
また賞金王、アメリカでも活躍できるような選手になってほしいですね。

関連記事

  1. ダイキンオーキッドレディース最終日14番の森田遥選手のパッテ…

  2. 大谷翔平投手と佐々木朗希投手

  3. 2020東京オリンピック銀メダル稲見萌寧選手

  4. 4番バッターとエースピッチャー

  5. 井上尚弥選手 キレ

  6. 2021年全英女子オープンゴルフ古江彩佳選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA