前回も書きましたが、
渋野選手は、
青木コーチとまた手を組んで、
スイング改造を始めるとの事、
縦を意識してと言う言葉がありました。

おそらく、まずバックスイングのことだとは思いますが、
渋野選手がここ何年か、石川選手の影響を受けたのか、
フラット、
トップをすごく低くあげて、
バックスイングの軌道をフラットにしていました。

上田桃子選手も、縦振りと言う言葉を使っていましたが、縦振りと言うのは、後藤先生が作った言葉。

縦振りといっても、
いろんな種類がありまして、

縦上げ横振り
横上げ横振り
横上げ縦振り
縦上げ縦振り
縦上げ縦縦振り

究極は、
縦上げ縦縦振りです。

後藤理論は、
縦上げ縦縦振りを目指しています。

さあ、この
縦上げ縦縦振りとは
どんなスイングだと思いますか。
皆さん考えてみてください。

関連記事

  1. 後藤修氏の理論「切り返しについて」

  2. 2021樋口久子三菱電機レディースゴルフ優勝渋野日向子選手

  3. オリンピック代表候補強化選手 石川遼選手 渋野日向子選手

  4. 大谷翔平選手 新田打法

  5. 比嘉一貴選手

  6. 読売巨人軍 ジャイアンツの投手陣

コメント

    • 冬のトリトン
    • 2023年 3月 18日 11:13pm

    いいですねぇ、縦上げ縦縦振り。

    以前、中島選手を教えてた頃、中島選手のスイング解説で言ってましたね。
    今となっては懐かしいですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA