2023 マスターズ、松山英樹選手

私の教えているプロのから、

松山英樹選手のスイングを見ての印象がメールで来たときに、

「いつもより力感が強過ぎなくていいような。」

と書いてありました。

私の返信、

後でまた詳しく見るけど、
松山選手は、
バックスイング途中から、トップでフェイスを開き気味、
トップはレイドオフ、
右に行く要素であり、
左に行くのを嫌がっているのかなと言う感じ。

ただ切り返しは手が外にだいぶいかなくなっている。時々、外に行きかけるけど、以前よりはだいぶ良くなっている。
振っていく方向も割と良い。

ただ首が痛かったの、
顔の残しすぎと考えているのか、
抜け出し方をだいぶ変えた。

その抜け出し方が、
極端に前に行く時もあるし、
うまく抜け出せている時もあるから。

ただフェイスを返さないようにしているので、
フォロースルーでの手首の向きが違う。

丸山選手のフォロースルーに似てきたから、
フィニッシュで、
前みたいにシャフトが立つこともあれば、
丸山選手みたいにフィニッシュが、
手よりもクラブヘッドが上に終わる時もある。
この打ち方だと右にまっすぐとか右にスライスが多くなる。
持ち前の右腕の長さと、右腕の切れで割といいボール打っていたが、これでは安定しないと思います。
何年か前、全米プロだったかと思いますが、最終日の前半までトップで出て、そこからボギーが続いて、優勝争いから脱落した年がありましたが、その時は、右にスライスの打つのを嫌がって、左に引っ張って左の林に入れたりしていましたが、今回はそれはなかったかな。

関連記事

  1. 2021年全米プロゴルフ選手権の松山英樹選手

  2. ホールインワン

  3. アイアン シャフト

  4. 村上投手と才木投手

  5. 後藤先生が日本人で一番教えたかった選手は?

  6. 2022日本オープン 優勝 蝉川泰果選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA