吉田正尚選手

写真は、後藤塾でトレーニングで使っていた一本刃の下駄です。1つは後藤先生の指示で刃を短く切っています。吉田選手も一本刃の下駄をトレーニングで使っていましたね。

吉田選手が、
メジャーリーグに行ってから、
当初は全然、打てませんでした。

打率も1割台だった時がある記憶が。
でも途中から変わりましたね。

オープンスタンスに構えるようになった。

イチロー選手のほどでは無いにしても、オープンスタンスで構えて左肩を入れなくなった。

バッターは左肩を入れてはいけないのです。

体を捻ってはいけない。

ここが根本的にピッチャーと違うところ。
ピッチャーは体を捻らないといけない。
ピッチャーの典型が野茂英雄投手ですね。

バッターは体を捻ってはいけない。

だから左肩を入れてはいけないのです。
左肩を上げてしまうとコースによってボールが見えなくなってしまうから。

これは後藤先生の教えです。
だから、ゴルフがうまいのは、どちらかと言えばピッチャーの方。

バッターでうまい選手もいますが、
やはりピッチャーの方がゴルフには向いている。
バッターでゴルフをやる人は、
体を捻らない傾向があり、
ピッチャーでゴルフをやる人は、やはり体を捻る傾向がある。

ゴルフは絶対、体を捻らないといけない。

ゴルフに一番向いているのは、
バッターで4番でエースピッチャーと言う選手です。

その典型がジャンボ尾崎選手ですね。
ゴルフに転向して大成功した。
高校生の時は4番バッターでエースピッチャー。

後は、イチロー選手とか大谷選手なんかもゴルフをやると一流になるのかも。
イチロー選手に関しては、
後藤先生は、
ある石油会社の広告の写真を見て、
ゴルフをやっても超一流になっていただろうと言う話をしておられました。確かに、バットを振っている写真でしたが、まさに素晴らしいゴルフのフォロースルーと言う感じでした。
イチロー選手はゴルフをやるところを見た事は無いですが、
どうも右打ちでゴルフをやられるようですね。
左でゴルフをすると、野球に影響するの嫌ったのかな。

昔の選手、例えば王貞治選手とか、
右でゴルフをしますね。
昔の考えで、
ゴルフを左でやると、バッティングもアッパースイングになるのを嫌がったみたいな感じです。
でも最近の野球選手、
左打ちの方でも
ゴルフも左打ちでする方も多いですが。

イチロー選手が、
バッターボックスに入るときに、独特のルーティーンをしていたのを皆さん覚えておられると思います。

あれはいろんな意味もあると思うのですが、
1つに左肩が入らないようにしていたルーティーンだと思う。

ピッチャーのほうに左腕をまっすぐ出して、バットを立てて、そこで顔もピッチャーに正面にする、
そしてそのままトップにもっていく。
こうすることによって左肩が入らず、
顔がピッチャーのほうに正面に向くようにセットしていたように思います。

このルーティーンを一球一球、毎回していた。
まさにマシーンのように、
同じアドレスで構れるようにしていたように思います。

そして、オープンスタンスにすることによって左足も踏み込める。
そこから吉田選手は打てるようになってきた気がします。

それと、
吉田選手とイチロー選手に共通するところは、トップからの切り返しがすごく良いこと。

これも後藤先生がイチロー選手のことをすごく褒めていたポイントです。

足を踏み込んでいくのにバットが降りてこない、上に上がる、
これによって体が開かないで打てる。

イチロー選手も、ご自身がこのポイントが自分の最大の長所と言うことを言っておられました。

そして吉田選手もそう。

後藤先生は、
バッターが引退する時はわかると言っておられました。
引退する選手は、
足を踏み込むとすぐバットが降りてきてしまう。

他の引退する選手もそうですが、
オリックス時代の清原選手がそうでしたね。
もう足を踏み込むとバットが上がらず降りてきてしまう、
晩年がそうでした。

ちなみにゴルフもそうなんですよ。
いろんなところでこの選手はもうダメだ、
調子が悪くなる、
引退するなと言うところがわかりますが、
その1つにすぐクラブが降りてきてしまう。
そんな選手は調子が悪い、引退間近の選手です。

もう一つ、ここで書いておくと、
バッターはピッチャーのほうに顔を正面に向けないといけないのですが、
ピッチャーはずっとキャッチャーのミットを見ててはいけない、
顔の向きも変えれないといけないんです。

その典型がオリックスの山本由伸投手。
昨年まで、
一球一球、投げるときに、
足を上げてから必ずサードの方を一度、見てからボールを投げていた。

今年はあまり足を投げないピッチングフォームに変えましたが、
それでも少しサードの方を見ようと、
一度、サード方向に顔を向けてから投げている。

今、調子良い選手を見ていると、
後藤先生の言葉、
後藤先生の教えが頭にいっぱい浮かんできます。

関連記事

  1. ショートアーム投法 右肘靭帯

  2. 阪神タイガース 才木浩人投手

  3. 先を切ったバット

  4. 大谷翔平投手 右肘靭帯

  5. イップス 藤浪投手

  6. 大谷翔平選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA