佐々木朗希投手

佐々木朗希投手の調子が出ませんね。

そろそろあの投げ方の限界かも。

どうしても疲労が溜まりやすい。

以前からこのブログで書いている通り、
投手としての才能は1番です。

大谷投手よりも素質は上。

後は正しい投げ方を身に付ければ、
鬼に金棒。
大リーグでも活躍できるでしょうが、
今のままだと?がつきますね。

パターのクロスハンドと同じです。

アドレス、
セットポジションに入ったときに、
右サイドが高い。

パターのクロスハンドも左手がグリップの下側に行きますので、
右肩がアドレスで上がる選手が多い。

佐々木朗希選手のセットポジションも右サイドが高い。

まっすぐ立つと言うイメージを持っているようですが、
逆に右サイドが高くなってしまっている。

左重心でなっているわけではないですが、
セットポジションがやはり変則ですね。

完全に筋肉の遊び取りです。

後藤先生が、
今大リーグで活躍している菊池雄星投手について語っているときに、
投げ方はいいけど、遊び取りが下手だなと言うことを言っておられました。

菊池投手はずば抜けた成績を残すわけではないですが、
長く大リーグで活躍しておられますね。

年齢を重ねるにつれて、
筋肉は硬くなる。

筋肉の遊びが減ってくる。

遊び取りをする必要がなくなってくる。

佐々木投手は、
ウェイトトレーニングをしているのかどうか分かりませんが、
そんなに腕も足も太くはなってない。

これはすごく良いことだと思います。

今、ウェイトトレーニングで遊びをとってしまうと、
やはり、
選手生命の短い選手になってしまう。

一瞬の輝きは放てるかもしれないのですが、
やはりあれだけの才能のある選手、
長く野球をやってほしいものです。

また絶対、あれだけの才能があれば
佐々木投手は長く野球がやれるはずです。

割と左腕は縦に使えるのですが、
それ以外の部分が、
あまり進化が見れない。

目先のコントロールを重視しているような感じがしますね。

ただ、
ロッテでも、
長期計画で佐々木投手の成長を見守っている。
これは良いことだと思います。
その計画では今年は、
ローテーションの一角を担ってもらい、
フルに働いてもらう年になっていたようですが、
調子が上がらないですね。

ストレートのシュート回転も多い。
すごい才能を持っているのだから、圧倒的な強さを備えて欲しい投手です。

関連記事

  1. 打撃妨害 大谷翔平選手

  2. 右肘靭帯 大谷翔平選手

  3. ストレートボールの回転数

  4. プロ野球オールスターゲーム 佐々木投手 村上投手

  5. 上沢直之投手

  6. 大谷翔平選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA