松山英樹選手6

「ここまで悪くなってしまう原因があると思う。それを修正する力をつけられれば。あとはパッティング。うまくできれば、優勝のチャンスが増えると思う。その“少し”が何なのかはわからないけど、しっかりと頑張りたい」

webのゴルフダイジェストニュースに載っていた松山選手のインタビューの返答です。

ショットは3日目の何ホールかから調子が悪くなったそうです。
そしてパッティングの改善点、
松山選手自身はやはり見えてこないようですね。
以前にも書いたと思いますが、
彼の思いもつかないところに、改善点はあります。

後藤理論の中に、その答えがあります。
松山選手が自分自身でそれに気付いてくれると良いのですが。

関連記事

  1. ミケルソン選手、全米プロ5番ホールのバンカーショット

  2. 大岩隆一選手の2021年水野オープン15番ホールのパッティン…

  3. 片山晋呉選手

  4. アイアン

  5. マイノリティー、タイガーウッズ選手、笹生優花選手

  6. 五十嵐亮太投手

コメント

    • 田所
    • 2020年 9月 24日

    後藤理論を松山選手に何とか届けていただけませんか。後藤理論でしか、松山選手のメジャー制覇はなし得ないと以前から思っていました。本当の意味で世界と互角に戦える選手は彼しかいないと思うので、何とか後藤理論を松山選手に届けてください。

      • goto-juku
      • 2020年 10月 01日

      コメントありがとうございます。
      松山選手や、
      他のプロの方たちにも届けばと思い、このブログを始めました。
      ここでいろんなことを書いていきたいと思いますが、松山選手が後藤理論に共感してくれるかですね。
      がんばります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。