2020年マスターズのパターのグリップ

2020年マスターズが終わりました。

ダスティン・ジョンソン選手の優勝でした。おめでとうございます。

まずこの試合で思ったのは、上位の選手でパターのグリップの順手が多かったこと。

クロスハンドグリップが少なかったこと。

少しほっとしました。

渋野日向子選手も順手のクリップに戻しましたが、鈴木愛選手も順手のグリップに戻すようなことを言っておられましたね。
日本の男子ツアーを観てますと、まだまだ若手にクロスハンドのパッティングをする選手が多いです。

順手に戻ってはいかないでしょうか?

関連記事

  1. 2021年マスターズ優勝、松山英樹選手

  2. 2021年マスターズ3日目を終えて

  3. ホールインワン

  4. 松山英樹選手5

  5. 松山英樹選手6

  6. 頭の位置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。