大谷翔平選手

大谷選手が現在もがんばっておられますね。

ただ後半戦に入り、成績はまずまずのようですが、バッティング、ピッチングともに少しフォームがおかしくなってきています。

疲れが出てきているでしょうか。

ホームランは現在40本。
トップであり、とてもいい位置で上につけていますね。

OPSも1.015とメジャーリーグトップになっているようです。

ただバッティングも手が下がるようになり、左肩も入るようになってきています。

疲れが出てきたのか反動を使いたがっているし、腕も上がらなくなってきている。

ピッチングも体が開く動きが多くなってきました。
今シーズンは乗り切れるかもしれませんが、この後、少し調子が悪くなるかもしれません。

これをまたオフで、ピッチングフォーム、バッティングフォームをよくしておかないと、来年の活躍が期待できないですね。

二刀流、疲れると思いますが頑張ってほしいものです。

関連記事

  1. 松坂大輔投手

  2. 2020年マスターズのパターのグリップ

  3. 2021年のダルビッシュ有投手

  4. 大谷翔平投手

  5. 2021年マスターズ3日目を終えて

  6. ゴルフのバックスイングの右肘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。