大谷翔平選手のマドン監督評

エンゼルスのマドン監督も、大谷選手のことを、ストライクゾーンの見直しと、センター意識と言うことを言っておられましたね。
ストライクゾーンに関しては少し同情すべきところもありますね。
完全にボールと言うものをストライクとよく言われた。
思いたくは無いですが、東洋人にホームランを取れ取らせたくないと言う意識が働いているのでしょうか?
センター意識と言うのはやはり、マドン監督も大谷選手が引っ張りにかかっているように感じているようですね。
私に言わせると、センター意識と言うよりも、もうレフト意識ですね。
それにセンター意識、体を開かないと言うことよりも最も大事なのはやはり、バットの始動の部分ですね。この部分を直さないと、全てわかってこないと思います。
イチロー氏本人も私の長所はバットがおりないことと言うことを言っておられました。
この点は後藤先生も何度もイチロー氏のことを褒めていた部分です。
大谷選手もその部分は良かったのですが、今はできていない。おりる。これを直さないと。

関連記事

  1. キャッチボール

  2. 2021年中日クラウンズ初日、星野陸也選手の18番セカンドシ…

  3. 佐々木主浩投手

  4. 2021年全英女子オープンゴルフ古江彩佳選手

  5. 後藤修氏の理論「トップについて」

  6. 2020年三菱電機レディース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。