2021ZOZOチャンピオンシップ優勝松山英樹選手

ZOZOチャンピオンシップ優勝は松山英樹選手でしたね。
おめでとうございます。

しかし優勝はできたものの、本人は納得のいく内容ではなかったのでは。

来日された選手も、世界ランキング上位の選手は少なかったようで、野球で例えると1軍の試合と言うよりも1.5軍の試合と言う感じでしょうか。

最終ホールはイーグルで、素晴らしい内容でしたが、その前のホール、ほとんど左にひっかけのボールが出ていましたね。

優勝争いから脱落していく選手は、左に引っ掛けてだんだんスコアを落としていくんですが、何とか耐えきった感じ。

ショットの内容としては、トップも低くなり、素振りではフォロースルーで左脇も締めている。
素振りはフラットなスイングになっていますが、打つ時は少し変わってくる。

切り返しは良い時もあり、また半分良くなっているときもあり。
以前よりは少し良くなっています。

相変わらずインパクトゾーンの振っていく方向は良い感じになっています。
これは渋野選手も同じ。

ただやろうとしている方向はやはり間違っているような。

このスイングだとオーガスタではだんだん通じなくなってくる。

関連記事

  1. 9月10日 後藤修先生の命日

  2. 松山英樹選手 2021年2月27日

  3. ピッチングの左腕

  4. 明けましておめでとうございます

  5. 山本由伸投手 奥川恭伸投手

  6. 東建ホームベートカップ 優勝香妻陣一郎選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA