アイアン シャフト

アイアン、ウェッジが良いものにだんだん仕上がってきました。
後藤先生は左利きでしたので、
ヘッドは後藤先生のクラブを裏返して作ったもの、
シャフトが最近、良いものがありました。

後藤先生のクラブの考えは、
軽、軽い
短、短い
易、易しい
柔、柔らかいが基本的な考え方です。

この良いシャフトと言うのは、
どうもメーカーにガルシア選手の要望通りに作らせたシャフトのようです。

シャフトはあまり仕事をしないことを後藤先生は望んでおられました。スイングで仕事をする。

シャフトはしなりは逆Cから永遠のI(アイ)、
先調子が基本で、
シャフトの元の方がしならない、そんなシャフトを好まれましたが、
ガルシア選手は作らしたさとはその後藤先生の理想に近いものになっているような気がします。








関連記事

  1. 川岸良兼選手

  2. クロスハンドグリップ

  3. 石川遼選手

  4. アイアン

  5. 東建ホームベートカップ 優勝香妻陣一郎選手

  6. ダルビッシュ有投手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA