大谷翔平投手 右肘靭帯

大谷投手が右肘靭帯を痛めた、
大きな、大きな、
理由の1つが、
ウェイトトレーニングで筋肉をつけすぎたことです。

イチロー選手はウェイトトレーニングをしませんでした。

初動負荷理論のマシントレーニングをやったり、
筋肉をあまり太くすることをしなかった。
もちろん、年々進化していろんなトレーニングもしていたと思います。

それに筋力至上主義を嫌っていました。
技術至上主義、
技術で野球をする。

後藤先生も技術至上主義です。
っていうか唯スイング論者。

スイングが全てと言う考え、
ゴルフは技術でやるものと言う考えです。
後藤先生がよく言っていた言葉、
「ゴルフは気合でやるものではなく、技術でやるものだ」

そして、後藤先生は、
世の中がこうなることを予言されていました。
ウェイトトレーニングなど、
筋肉を太くする、筋肉を硬くすると、
怪我が増える。

だから後藤塾ではウェイトトレーニングは一切禁止です。

そして「靭帯は鍛えられない」と言うことを言っておられました。
ここが重要ですね。

筋肉を鍛えて、
太くし、重くし筋力をつけることはできても、
それに靭帯ついていかない。
だから、靭帯にすごく負担をかけるのです。

筋肉がつくと重くなる。
関節で曲がったりのばしたりする。
それをつないでいるのが靭帯。
筋肉が太くなり、重くなると、
靭帯に負担がかかるのは明々白々です。

その靭帯が鍛えられないのだから、
大問題です。

だから、今、
ウェイトトレーニングなどで、
腕を太くしたり、
足を太くしたりする選手が、
よく肘、膝を痛めます。

靭帯があり、
まさに負担のかかる関節です。

腕、足を太くした選手、
例えば清原選手。
膝を痛めましたね。
清原選手が、
復活作戦で、
ウェイトトレーニングをして、
筋肉をつけているときに、
後藤先生が言った言葉、
「わしなら復活作戦で清原にはストレッチをさすがなぁ」と言われました。

松井選手もそうですよね。
かなり足、腕が太くなったように思う。
膝を痛めました。

タイガー・ウッズ選手もそうですね。
足、俺がすごく太くなりました。
交通事故を起こす前から
膝は2回、3回、4回?何回も手術されてますね。
腰も3回転4回?手術をされていますよね。

ケプカ選手もそうです。
昔の写真と比べると、
腕、足がすごく太い。
かなりウェイトトレーニングをされたのだと思います。
膝がかなり痛い。

大谷選手もそうですね。
膝も肘も手術をしてますね。

フィリーズのBハーパー選手も野手なのに、肘のトミージョン手術を受けているみたいですね。
打ち方も投げ方も見た事は無いですが、
野手で
もしどこかぶつけて靭帯を損傷したとかと言うのでなく、トミージョン手術を受けたのであればよっぽどの事だと思います。

前田健太投手も手術を受けた。

これだけ才能を持って、素晴らしい選手が、
怪我をし、手術をする選手が多い。
異常なことだと思います。

後藤修と言う人は、
時代の先取りをしています。
100年先を行っています。

ウェイトトレーニングをすれば早く結果は出る。
それはわかっていても、
あえてもしかしたら時間がかかる方法かもしれないけれども、
ただ、単に筋力をつけるだけではなく
スイングを良くするトレーニング、
スイング、フォームに必要な筋肉をつけるトレーニングをさせると言うことをしていました。

私が後藤先生と初めて会って、
行き始めた頃は、
中島常幸選手の復活大作戦のど真ん中であり、
鈴木亨プロもおられました。

中島プロも、鈴木プロもいろんなトレーニングをしていましたが、
鈴木プロが、
距離を伸ばすのにやっていたのは、
外野ノックと遠投かな。
もちろん他のたくさんのトレーニングをしていましたが。
ただウェイトトレーニングをしていない。

地道にいろんなトレーニングをして、
鈴木プロは飛距離を伸ばしていきました。

ただ、
私は細身なのですが、
「中尾は腕が細すぎるから、
多少の腕立て伏せがあっていい、
多少のウェイトトレーニングはあっても良い」と言うことを言っておられました。
そんな臨機応変さもあった先生です。

(続く)



関連記事

  1. 松山英樹選手② 2020年全米プロを終えて

  2. 2020年日本女子プロゴルフ選手権を見て

  3. 大谷翔平選手

  4. 松山英樹選手について

  5. 村上 頌樹投手

  6. クリケットのバット 大谷翔平選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA