阿部監督のショートゴロ

巨人軍の阿部監督が、
左バッターによく最近、ショートゴロを打たせてますね。

非常に良いことだと思います。

今、巨人軍の打者が調子が良い人が多いですね。

後藤先生も、
私が通いだした頃は、
右バッターにライトにホームランを打てと言う言い方をしていた、
実際そういう練習をしていたのですが、
何年か経って進歩してセカンドゴロを打てと言う言い方になりました。

セカンドにゴロを打って、
レフトにホームラン。

これが後藤理論です。
これの本当の意味がわかる人はすごいです。
ただ意味わからず練習してもあまり役に立たないと思います。
セカンドゴロの打ち方、レフトにホームランの打ち方というのがあるので。

関連記事

  1. 渋野日向子選手と小祝さくら選手のパター

  2. 芝の種類は関係ない、空間でボールを捉える

  3. サントリーレディスオープン16番ホール 岩井千怜選手、申ジエ…

  4. 永峰咲希選手について

  5. デシャンボーのアームロックパッティング

  6. 松山英樹選手② 2020年全米プロを終えて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA