デシャンボーのアームロックパッティング

2020年全米オープン、優勝されたのはデシャンボー選手ですね。
おめでとうございます。

デシャンボー選手のパッティング、アームロック式と言うそうですが、
これは腕まで長尺にしたパッティングと言うことでしょうか?

まるで長尺パターを扱うような打ち方で打っていますね。
軌道がテレビではよく見えませんが、どうやらまっすぐ振れていそうで、フェースの向きもあまり変えていないように感じます。

長尺パターは、体に固定をすることが禁止になり、使う選手がほとんどいなくなりましたが、その長所を活かしたような打ち方になっています。

なぜこんな打ち方になったのか。
やはりウェイトトレーニングのしすぎではないでしょうか?

普通の打ち方では繊細な感覚が要求されます。

ましてやあれだけウェイトトレーニングをしてしまうと、軽いパターは振れません。

今、フィル・ミケルソン選手が、シャフトに多量の重りをつけてパターを打っています。

これも、軽いパターでは手が震えてしまう、そんな感じになっているためではないでしょうか。

重いパターしか振れない。

倉本選手も晩年は、
長尺パターを短尺の長さに切って重たいパターを使っておられる時がありました。

つまりウェイトトレーニングをしてしまうと、感覚がなくなってしまうのではないでしょうか?

イチロー選手はそれを嫌います。

だからウェイトトレーニングをすごく嫌います。

後藤先生もそうでした。

デシャンボー選手のゴルフを見ていると、
もうマッスルスポーツ、
ゴルフではないような気がしてきます。

ドライバーの飛距離を30ヤードのばしたり、すごい事はされている、すごい成果を出されているとは思います。

しかしやはりゴルフは、
マッスルスポーツではないと思います、
マッスルスポーツであって欲しくは無い。

後はあれだけウェイトトレーニングをして、選手生命がどうなるかと言う問題になってくると思います。

息の長い、選手生命の長い選手でいられるのでしょうか?

これからデシャンボー選手がどのようになっていくのか見極めていきたいと思います。
デシャンボー選手がパワーだけとは言いませんが、パワーでなく、技術でゴルフをする選手を見てみたいものです。

後藤先生の言葉曰く、
ゴルフは気合いでするものではない、
技術でするもの
と言う言葉があります。

後藤先生の教えた選手は、皆選手生命が長い、息が長い選手となっております。

またその話は機会があればしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です