石川遼選手

東海クラシックと、
中日クラウンズのドラゴン大会にドライビングコンテストに石川遼選手が出ていました。

やはりスイングが良くないですね。
5年位前に、
10年後20年後の自分を良くするためにスイング改造すると言ってられましたが。
どんどんスイングが悪くなっているから。

後藤先生が一流のスイングが、
普通のスイングになってしまったと普通の選手になってしまったと言っておられましたが、
もう普通の選手が光になりつつあるかも。
なんで間違った方向に進んでしまうのでしょうか?

クラウンズのドライビングコンテストでも、
待っているからと待っていると体が固まるからと、
ウォーミングアップをしていましたが、
肩にクラブを担いで回転していた。

あの動きは一流選手は絶対しないんですが。

少なくとも松山英樹選手のボールを打つときの肩の動き方ではない。

なぜ、石川選手は正しいスイングと逆の方、逆の方に進んでしまうのでしょうか。
非常にもったいないと思います。

関連記事

  1. 青柳投手と宮城投手

  2. 三井住友VIZA太平洋マスターズ 優勝 石川遼選手

  3. 松山英樹選手⑩2021ソニー・オープン・イン・ハワイ

  4. アイアン シャフト

  5. オリンピック代表候補強化選手 石川遼選手 渋野日向子選手

  6. 真面目な者の時代

コメント

    • 冬のトリトン
    • 2022年 6月 01日 10:16pm

    結局、正しいスイングを教えてくれるコーチがいなかったから、ということでしょう。
    自分で正しい、と思い込んで進んだ道が迷宮の入り口だった、ということで。

    お気の毒様としか言いようがありませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA