2023全米女子オープンゴルフ 畑岡奈紗選手

畑岡奈紗選手、
全米女子オープン惜しかったですね。

一番変わったのは、
フィニッシュ。
半身で残らず、
抜け出せるようになっていた。

ただ、その分フォロースルーがかなりばらついていた。

何をやろうとしているのか、
何を目指そうとしているのかがちょっと分かりにくくなっている。

フェードを打とうととしている時だろうか、
テレビだとわかりにくいところはありましたが、
フォロースルーは良くない時がかなりあったかな。

本当は、
ショットよりも、
「はじめに、パターありき」なんですが、
畑岡選手の場合、クロスハンドですからね。

ただクロスハンドでも、
これもばらつきがあるんですが、
良い時もある。

今回最終日、
プレッシャーからか、
特にサンデーバックナイン、
パターが入っていなかったようですね。

かなりヒールで打っていたかな。クロスハンドのパッティングでヒールに当たると言うのはかなりのミス。よほど緊張していたのかな。
フィニッシュが半身で残るとフォローするが、割と安定しやすい。体が突っ込みにくくなるから。
これで強かったのは、ミケルソン選手や、トムリーマン選手。
それに対して、フィニッシュが抜け出せて完全に強かったのは、タイガー・ウッズ選手。
半身でも悪くは無いのですが、やはりフィニッシュは抜け出せた方がより優秀ですね。
畑岡選手がそこを目指したのははっきりとわかるのですが、そのせいで、フォロースルーが良かったり悪かったり。
さあ、修正していくのでしょうか

関連記事

  1. 山本由伸投手のやり投げ

  2. サントリーレディスオープン16番ホール 岩井千怜選手、申ジエ…

  3. 阪神タイガース 才木浩人投手

  4. 松山英樹選手について

  5. 2020年アメリカ男子プレーオフ第2戦◇BMW選手権 最終日…

  6. 先を切ったバット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA