NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 優勝菅沼菜々選手

しばらく更新があいちゃいました。ごめんなさい。
NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの優勝は菅沼菜々選手でしたね。おめでとうございます。
菅沼選手は、私、好きな選手なんですが。
足の使い方が良い。
このブログでも書いたと思いますが、菅沼選手と川崎選手の足の使い方はいいんですよね。左足の使い方。
面白い試合だったとは思う。今年、優勝をしている神谷選手との優勝争い。
神谷選手は飛距離は出る。かなりのオーバースイング。ただ少しずつオーバースイングも減ってきているような。
練習でもアイアンが地面と水平でトップの位置がとまっているのもある。
神谷選手のインパクトゾーンの手の使い方は良いのですが、オーバースイング特有の、縦上げ横振り。残念です。
ちなみに、菅沼選手も、先ほど書きましたが、私は好きな選手の1人なんですが、バックスイングはかなりアップライトで、トップもクロスするんですが、横に上がるよりかはいいと思うんですが、縦上げ横振り。少し残念です。
ちなみに、稲見選手も少しはスイング良くなってるかなって感じです。足の使い方は良くなってますね。
神谷選手に関しても書き忘れましたが、足の使い方が良い時と悪い時がある。
これ最終組の小祝選手も足の使い方、割と良かった。
それと小祝選手は、フォロースルーを以前よりは、脇を締めようと言う気持ちが減ってるのかな。この大会はそう見えました。
ただ、稲見選手に関しては横上げ横振り。インパクトゾーンも良かったり悪かったり、怪しいかな。以前のような強さはまだ戻ってこない感じです。やはりスイングがあまりにも変則、スイングが変則だと好きになれないかな。
この試合は、上位が、縦上げ横振りの選手が多かったかな。このコースが、そういう選手向きにできているのかな。
唯一、縦振りにしていたのが、ペ・ソンウ選手かな。ただ横上げ縦振りフォロースルーで手首こね。
小祝選手は、かなり右を向いて、ひっかけドローを打っているてる時もあった。切り返しがもう既に怪しくなりかけている。
菅沼選手は、アイアンはそうでもないんですが、ドライバーはかなりギッタンバッコンスイング。
頭を止めようとしてバックスイングをしているのだろうか。
頭がバックスイングで右に動かずに、むしろ左に倒れていく。
これ完全なスランプスイング。
ジャンボ尾崎選手がこれでスランプになった。
まだ若いので、もう少しもつとは思うが、これ直さないといけないね。
さっきも書きましたが、バックスイングがかなりアップライト。好きなんですが、これより上にフォロースルーを振るのが難しい。だから縦上げ横振り。
でも、神谷選手も、菅沼選手も、フォロースルーだけを見れば、割と高くなってます。
続きはまた次の回に。

関連記事

  1. 日本プロゴルフ選手権 平田憲聖選手

  2. 右肘靭帯 大谷翔平選手

  3. 2020年日本女子プロゴルフ選手権を見て

  4. 吉田優利選手

  5. ドジャース 山本由伸投手

  6. 西郷真央選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA