ショートアーム投法 右肘靭帯

大谷選手が右肘靭帯を痛めた理由として、投げ方のことを書きました。

右肘の、

右腕の使い方としては、

やはり佐々木投手の方が上ではないでしょうか

ダルビッシュ投手も、

大谷投手も、

右肘の負担を減らすとして、ショートアーム投法にしていますね。

それでも、右肘を2人とも痛めてしまった。

ショートアーム投法は、

ゴルフで言うとコンパクトトップに似ているのでしょうか。

十分に肩を回さず、

クラブを上げず打っていく。

宮里美香プロとかコンパクトトップからゴルフをしていましたね。

昔で言うと、倉本選手やバレステロス選手もそうでした。

コンパクトトップは、

早稲で終わります。

若いうちだけ。

早く結果は出ますが、

選手生命の長い選手にはなれない。

オリックスの山下投手が、ショートアーム投法に変えて、

球速が増したと言っていました。

ショートアーム投法にすると、

球速が落ちる投手がいると言われるのですが、

山下投手は逆に上がったようです。

そうですよね。

ゴルフでもコンパクトトップにすると、

飛距離が落ちる。

ピッチャーもそうです。

ただ山下投手の、

ショートアームにする前と、

ショートアーム投法後のピッチングフォームを見てみると、

ショートアーム投法にする前は、

筋肉に遊びがあり、

顔を振っていました。

昔の巨人後にいた岡島投手のような感じですね。

それがショートアーム投法にすると顔を振らなくなっていた。

体が柔らかい、

腕が柔らかいんだと思います。

だから佐々木投手のように普通に右腕を使うと、

なかなか腕が出てこないので、

顔を振って手を出すと言う形になっているのです。

ショートアームは、

一種の筋肉の遊びとり。

それが山下投手にははまって、

球速が上がったのですが、

これまたやはりこれが通用するのは若いうちだけ。

怪我をするか、

だんだん休球速が落ちるのが早くなってきます。

ちゃんとした右腕、右肘の使い方を覚えないと、

選手生命の長い投手にはなりません。

関連記事

  1. 井上尚弥選手、大谷翔平選手 天才 才能

  2. 鈴木愛選手

  3. 佐々木朗希投手

  4. 永峰咲希選手について

  5. 阿部監督のショートゴロ

  6. デシャンボーのアームロックパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA