皆さんは後藤先生の好きな字をご存知だろうか?

後藤先生は
「練」と言う字が好きで、
サインに時々この字を書いていた。

練習の練であり、
鍛錬の練。

トレーニングは、
「鍛えるというよりも、
練るんだけどなぁ」と言うことを後藤先生は、言っておられました。中嶋常幸プロが自分で作った練習場にも、
練正館と言う名前をつけました。

練習の練であり、
正とは正しいと意味とともに、
スクエアという意味も含めていると言う話をしていました。

大型完全スクエア打法のスクエアです。
スクエアとは四角形や正方形と言う意味で、後藤理論は丸く振らないんです。ゴルフは回転ではない。そういう意味も含まれています。
スクエアとは
適正と言う意味もあるかなと言う事は言っておられました。

先生らしいお言葉だと思います。

やはりウェイトトレーニングは鍛える、
硬くする、
のイメージがありますね。

練るとは、
私のイメージとしては、
柔らかくなるけど、強くなると言うイメージかな。

余談ですが、
私の好きな文字の1つに、
「磨く」と言う事があります。

技を磨く、技術を磨く、自分を磨く。
常に謙虚さと向上心を持って、
成長したいなと思っております。

「練」と「磨」をくっつけるとれんま。

練磨とは、
磨くこと、
学問や技術を修行を積み重ねて身に付けることと言う意味だそうです。

日々、精進しまして
大型完全スクエア打法身に付けたいと思います。

関連記事

  1. うなぎの寝床

  2. 神 後藤修

  3. 当サイトの開設について

  4. 今日は後藤先生の命日です。

  5. 尾崎将司選手

  6. 神 後藤修2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA